提供中

Azure IoT Edge 1.0.5 のリリース

公開日: 12月 19, 2018
Azure IoT Edge の 1.0.5 更新プログラムには、次の機能強化が含まれています。
 
すべてのオペレーティング システムの安定性
Edge ハブと IoT Edge 環境の両方で、複数のバグが解決されました (詳細な変更リストは GitHub のリリース ノートで確認できます)。 特に注目すべき点を次に示します。
  • エラー メッセージの情報の改善。
  • タイムアウト期間が構成可能。これは、広帯域幅の接続ほど迅速に操作を完了できない低速接続のデバイスで特に便利です。 
Windows の Edge
1.0.5 は、Windows x64 の IoT Edge に対するリリース候補です (RS5 以降のバージョン)。このバージョンにより、Windows で実行されているモジュールと Linux で実行されているモジュールの間のギャップがかなり解消されます。具体的には、Windows のモジュールが、OS 上の同様のセキュリティ機能を使用して、効率的なプロセス分離コンテナーを使って動作できるようになりました。WinML でシリアル、SPI、GPIO、GPU アクセラレーションなどのハードウェアにアクセスすることもできます。Edge エージェントと Edge ハブでは、コンテナー内で RS5 がゲスト OS として使用されています。これには、次のような意味があります。
  • RS4 がホスト OS として使用され、IoT Edge 1.0.4 が実行されている既存のデバイスは影響を受けません。
  • RS4 がホスト OS として RS5 にアップグレードされ、IoT Edge 1.0.4 が実行されている既存のデバイスは影響を受けません。
  • RS5 がホスト OS として実行されている新しいデバイスは、IoT Edge 1.0.5 で適切に動作します。
  • RS4 デバイスは IoT Edge 1.0.5 のホスト OS として動作しません。
Java モジュールまたは Node モジュールを記述しているユーザーは、Windows RS5 で IoT Edge 1.0.5 をサポートするように Java SDK および Node SDK が更新されるまで、1.0.4 を引き続き使用する必要があります。
 
セキュリティ デーモンは、DPS プロビジョニング フローを行うときに、シミュレートされた TPM ではなく物理 TPM を使用するように更新されています。
 
Visual Studio および VS Code ツールは、IoT Edge 1.0.5 で動作するように更新されました。Windows を使用している場合、1.0.4 を使用し続ける必要があるときは、こちらのブログ記事の詳細な手順に従ってください。
 
  • Features