提供中

Azure Storage - 追加 BLOB 不変サポートの一般提供が開始されました

公開日: 3月 18, 2020

Azure BLOB ストレージの不変ストレージを使用して、ユーザー指定の保有期間に対し、ビジネスクリティカルなデータ オブジェクトを消去不可能かつ変更不可能な状態で格納できます。

追加 BLOB を使用すると、オブジェクトの最後に新しいデータ ブロックを追加でき、監査とログ記録のシナリオに必要なデータ追加操作に合わせて最適化されます。

新しい allowProtectedAppendWrites 設定は、BLOB ストレージのコンテナーレベルの不変サポートを拡張したものです。不変ポリシーで保護されたコンテナー内に作成された追加 BLOB は引き続き、AppendBlock API を使用して既存の追加 BLOB の最後に新しいデータ ブロックを追加できます。新しいブロックの追加のみ可能で、既存のブロックを変更したり削除したりすることはできません。すべてのブロックを含む追加 BLOB 全体は、定義された保持ポリシーの期間中、不変の状態で保護されます。

不変性の詳細については、こちらをご覧ください。

  • Blob Storage
  • Compliance
  • Features
  • Management
  • Security