米国中南部と西ヨーロッパで、ハイ パフォーマンス コンピューティング仮想マシンの提供を開始

2019年5月14日 に投稿済み

HB シリーズは、パブリック クラウド上で最高の価格パフォーマンスと共にスーパーコンピューター級のパフォーマンスとスケーラビリティを実現するよう設計されており、米国中南部と西ヨーロッパで一般提供が開始されました。

単一の HB VM は、ほとんどの HPC 顧客が今日のオンプレミスのデータセンターに備えているサーバーと比較して、2 から 3 倍の高速で動作します。顧客は、最大 300 個の VM と 18,000 個の CPU コアにわたって MPI ベースの HPC アプリケーションを実行することもできます。

HB シリーズは、流体動力学、陽的有限要素解析、気象モデリングなど、メモリ帯域幅を重視する HPC アプリケーションに最適化されています。HB VM は、60 個の AMD EPYC 7551 プロセッサ コア、260 GB/秒を超えるメモリ帯域幅、CPU コアあたり 4 GB の RAM、700 GB のローカル NVMe ストレージ、および最大 4 つのマネージド ディスクを備え、ハイパースレッディングはありません。

HB VM は 100 Gb EDR InfiniBand で相互接続され、OFED ドライバおよびすべての RDMA 動詞に対応しています。また、HB VM では、MPI 集団向けのハードウェア アクセラレータを備えた Mellanox ConnectX-5 NIC が利用されます。HB VM では、パブリック クラウドの他の場所にあるネットワーク オプションと比較して、MPI 遅延を最大 10 分の 1 に短縮できます。

必要に応じて、超高パフォーマンスのストレージ ニーズに対応するために、HB シリーズの VM を Azure ストレージ システム内の Cray ClusterStor に接続できます。

詳細についてはこちら (英語) をご覧ください

Related feedback