提供中

App Service および Functions での Linux 向けマネージド ID の一般提供

更新: 8月 26, 2019

アプリで Azure Active Directory のマネージド ID を使用すると、他の AAD で保護されたリソース (Azure Key Vault など) に簡単にアクセスできます。App Service および Azure Functions では、Windows プランのサポートは一般提供されていましたが、本日、これが Linux にも拡張されました。App Service および Azure Functions の GA プラン オプションでは、システム割り当て ID とユーザー割り当て ID の両方を完全にサポートするようになりました。

詳細については、Microsoft のドキュメントを参照してください。

  • App Service (Linux)
  • Azure Functions
  • Features
  • Security