General availability: Website support as origin for new Content Delivery Network endpoint

2014年12月1日

Azure Content Delivery Network (CDN) supports a website as the origin for new CDN endpoints. As a result, Content Delivery Network will source content from a website and cache it at CDN edge POP locations. Currently Content Delivery Network supports Azure Storage, Web Apps, Cloud Services, and Media Services. For more information about how to create a new Content Delivery Network endpoint, please read How to Enable Content Delivery Network for Azure.

無料アカウント

今すぐサインアップして $200 の Azure クレジットを手に入れましょう

無料で始める

Visual Studio

サブスクライバーは 1 年ごとに最大 $1800 までの Azure サービスが利用できます。

今すぐアクティブ化

スタートアップ

BizSpark プログラムに参加して、Azure サービスを無料で利用しましょう

詳細情報