ナビゲーションをスキップする
提供中

一般提供:すべての Dsv3 および Esv3 ファミリで使用可能な仮想マシン (VM) レベルのディスク バースト

公開日: 3月 31, 2021

仮想マシン レベルのディスク バーストにより、仮想マシンでディスク IO と MiB/秒スループットのパフォーマンスを、毎日短時間バーストすることができます。この機能が、すべての Dsv3 シリーズおよび Esv3 シリーズ仮想マシンで有効になりました。また、さらに多くの仮想マシンの種類とファミリがまもなくサポートされるようになります。この新機能や VM 料金の調整に関連する追加費用はかかりません。既定で有効になります。

バーストが効果的なシナリオ例を以下に示します。

  • バッチ ジョブの処理 - 一部のアプリケーションのワークロードは周期的で、ほとんどの期間はベースラインのパフォーマンスが必要とされ、短期間だけより高いパフォーマンスを必要とします。たとえば、会計プログラムで、毎日のトランザクション処理のディスク トラフィックは僅かでも、月末のレポートの照合に多くのディスク トラフィックが必要になることがあります。
  • 急激なトラフィック増加への準備 - Web サーバーとそのアプリケーションでは、予期しない状況から大量のトラフィックを受け取ることがあります。Web サーバーを支える仮想マシンとディスクのバーストにより、Web サーバーはトラフィック スパイクを円滑に処理でき、高負荷下で読み込み時間を短縮して、顧客のエクスペリエンスを向上させることができます。 
  • コスト効率 – お客様は仮想マシンを、ピーク時のパフォーマンスに対応するためではなく、平均的なユース ケース用にデプロイできるようになりました。新しいバーストの制限がピーク時のパフォーマンスのニーズに対応し、1 日に必要なピークが 30 分未満の場合は、ワークロードのニーズに合わせて仮想マシンをオーバープロビジョニングする必要がなくなり、お客様はコストを節約することができます。

Esv3 シリーズのドキュメントをご覧ください。

Dsv3 シリーズのドキュメントをご覧ください。

ディスク バーストの詳細をご覧ください。

  • Azure Disk Storage
  • Managed Disks
  • Features

関連製品