一般提供: Azure SQL Data Warehouse の行レベル セキュリティ (RLS)

公開日: 11月 07, 2018

Azure SQL Data Warehouse の行レベル セキュリティ (RLS) が一般提供開始されました。RLS は、機微なデータのセキュリティを管理するのに役立つ新機能です。

お客様やパートナーの信頼を得るには、クラウド内のデータ資産をセキュリティで保護することが不可欠です。RLS を使用すると、テーブル内の行に対するアクセスを制御するためのセキュリティ ポリシーを実装できます。RLS により、データ ウェアハウスを再設計することなく、きめの細かい行レベルのアクセス制御を行えます。セキュリティ モデル全体を簡略化: アクセス制限ロジックがデータベース層自体に配置されます。

RLS では SQL 認証と Azure Active Directory 認証がサポートされています。

Azure SQL Data Warehouse における行レベル セキュリティについて詳しくは、詳細なブログ記事と Microsoft のオンライン ドキュメントをご覧ください。

  • Azure Synapse Analytics
  • Features
  • Services