ナビゲーションをスキップする
提供中

一般提供:Log Analytics ワークスペース名がリソース グループごとに一意となりました

公開日: 4月 14, 2021

背景: Azure Monitor の Log Analytics ワークスペース名の一意性は、すべてのサブスクリプション間でグローバルに管理されていました。つまり、あるワークスペース名を同じ組織内のお客様やユーザーが使用した場合、それを他の人が再度使用することはできませんでした。

更新: ワークスペース名の一意性を適用する方法が変更され、リソース グループのコンテキストで管理されるようになりました。これにより、複数の環境にまたがるデプロイで同じワークスペース名を使用して、一貫性を保つことができます。ワークスペースの一意性は次のように維持されます。

  • ワークスペース ID – グローバルな一意性は変更されていません。
  • ワークスペース リソース ID – グローバルな一意性。
  • ワークスペース名 – リソース グループごと

推奨事項:クロス ワークスペース クエリ (警告でも) は、次のいずれかの方法でワークスペースを参照する必要があります。修飾名、ワークスペース ID、または Azure リソース ID。リソース名 (ワークスペース名) によって参照されるクロス ワークスペース クエリは、名前に複数のワークスペースが含まれている場合に、あいまいな名前が原因で失敗します。

詳細についてはこちらを参照してください

  • Azure Monitor
  • Management

関連製品