ナビゲーションをスキップする
提供中

Azure Kubernetes Service での IBM WebSphere の有効化

公開日: 3月 31, 2021

Open Liberty Operator とステッバイステップの手順を利用して、Azure Kubernetes Service (AKS) 上での運用環境対応の WebSphere デプロイを開始することができます。 このガイダンスでは、IBM が提供する公式の WebSphere Liberty および Open Liberty のイメージが使用されており、高度な設定とカスタマイズが可能です。

AKS と WebSphere Liberty および Open Liberty の組み合わせにより、エンタープライズ Java のお客様に強力で柔軟なプラットフォームが提供されます。 Open Liberty Operator を使用すると、お客様は WebSphere Liberty と Open Liberty の両方で Java アプリケーションを確実にデプロイおよび管理できます。Kubernetes クラスターでのデプロイと管理に加えて、Operator では診断のトレースとダンプを収集することもできます。

IBM と Microsoft は、WebSphere Traditional on Azure Virtual Machines (VM)、WebSphere Liberty/Open Liberty on Azure Red Hat Open Shift (ARO)、WebSphere Liberty/Open Liberty on AKS をターゲットとしたさらに多くの共同開発オファリングを提供できるよう取り組んでいます。

これらのソリューションの詳細についてはこちらを参照してください。ぜひ、これらのソリューションを実際に運用環境で使用して評価し、フィードバックを提供してください。また、個別の支援については、エンジニアリング チームにご依頼ください。

移行サポートにご連絡ください。

詳細についてはこちらを参照してください

  • 仮想マシン
  • Features
  • Pricing & Offerings

関連製品