提供中

Data Factory で、データ フローへのマネージド ID のサポートを追加

公開日: 1月 29, 2020

Azure Data Factory ユーザーは、Azure Data Lake Store Gen 2、Azure SQL Database、Azure Synapse Analytics (以前の SQL DW) について、マネージド ID (以前の MSI) を使用するマッピング データ フローを構築できるようになりました。Azure の信頼されたサービスに対する ADF の既存のサポートと組み合わされた、これらの追加されたセキュリティ機能を使用して、パブリック エンドポイントを必要とせずに、ADLS Gen 2 ストレージ アカウントをソースおよびシンクとして使用する ETL パイプラインを作成できるようになりました。

以下は、ADLS Gen 2SQL DBSynapse Analytics (SQL DW) で MSI を使用してデータ ファクトリを構成する方法を説明しているドキュメントへのリンクです。

詳細についてはこちら (英語) をご覧ください

 

  • Data Factory
  • Features

関連製品