ナビゲーションをスキップする
提供中

B シリーズの更新情報:B1ls を使用できるようになりました

公開日: 4月 01, 2019

Azure VM インスタンスの中でもメモリとコストを最小限に抑えた新しい B シリーズの VM サイズである B1ls を発表いたします。 このオファリングは、エントリ レベルのオファリングをお探しのお客様のご要望に対応したものです。B1ls には 512 MiB のメモリと 1 つの vCPU が装備され、1 時間あたりのコストはわずか 0.0052 ドル (米国東部) です。

対象のワークロード

B1ls は、小規模な Web サーバーやデータベース、また開発環境とテスト環境に最適です。CPU の継続的なフル パフォーマンスやパフォーマンス上のバーストを必要としないワークロードをコスト効率の良い方法でデプロイできます。

パフォーマンス

B1ls は最良のカスタマー エクスペリエンスを実現するために Linux でのみ利用可能です。Windows OS の最小推奨メモリが B1ls で提供されるメモリよりも大きいため、Windows はサポートされていません。

利用できる構成およびリージョン

サイズ

vCPU

メモリ:GiB

一時ストレージ (SSD) GiB

VM のベース CPU パフォーマンス

VM の最大 CPU パフォーマンス

1 時間に蓄積されるクレジット

蓄積できるクレジットの最大値

データ ディスクの最大数

キャッシュが有効な場合の一時ストレージの最大スループット:IOPS/MBps

キャッシュが無効な場合の最大ディスク スループット:IOPS/MBps

最大 NIC 数

Standard B1ls

1

0.5

4

5%

100%

3

72

2

200/10

160/10

2

ほとんどのリージョンで利用可能です。

B1ls の詳細については、負荷の急増に対応できる VM サイズに関するページを参照してください。

  • 仮想マシン
  • Features
  • Pricing & Offerings

関連製品