プレビュー

参照データ入力としての Azure SQL DB

公開日: 2月 25, 2019

参照データ (別名、ルックアップ テーブル) は、静的または本来はあまり変更されない有限のデータ セットであり、刻々と変化するデータ ストリームを補強するために使用されます。Azure Stream Analytics で、参照データ入力のソースとして Azure SQL DB がネイティブでサポートされるようになりました。Azure SQL DB からデータセットを抽出するクエリを簡単に作成し、緩やかに変化する参照データセットを必要とするシナリオ向けに更新間隔を構成できます。高度なシナリオでは、データベース全体のスナップショットではなく、増分更新のみをプルする差分クエリもサポートされます。 

詳細についてはこちら (英語) をご覧ください 

  • Azure SQL Database
  • Azure Stream Analytics
  • Features