Azure Sphere サービスはパブリック プレビュー段階にあり、開発用キットは広範囲でご利用いただけます

2018年9月24日 に投稿済み

Azure Sphere は Microsoft が提供する IoT です。これにより、製造業者はインターネットに接続され、高度なセキュリティで保護されたマイクロコントローラー (MCU) デバイスを作成することができます。Azure Sphere には、Azure Sphere で認定された MCU、Azure Sphere OS、および Azure Sphere Security Service という 3 つのコンポーネントが含まれており、これらはインテリジェント エッジでデバイスの保護および機能強化を行うために連携して動作します。このようなコンポーネントの組み合わせにより、セキュリティと接続の基盤が提供されるので、製造業者はそれを基にインテリジェントな製品および顧客に気に入ってもらえるエクスペリエンスを作成すると共に、モノのインターネット (IoT) を大規模に実現できる価格で市場に迅速に送り出すことができます。

最初の Azure Sphere 開発用キットが利用できるようになりました。Azure Sphere Security Service、Operating System、および Azure Sphere 用 Visual Studio 開発用ツールは、現在、プレビュー段階にあります。関心のある顧客は SEEED から開発用キットを購入し、自社のデバイスに対して Azure Sphere をテストしたり、Azure Sphere OS および Security Service にアクセスしたりすることができます。顧客はまた、Azure Sphere 用 Visual Studio Tools をダウンロードすることで、自社の MCU 開発を、コラボレーション ツールが含まれている最新の開発環境に移行することができます。

詳細については、Azure Sphere 製品に関するページを参照してください。

詳細情報

  • Azure Sphere
  • Services
  • Microsoft Ignite