提供中

Azure Sphere 20.04 更新プログラム 1 を互換性テストで使用できるようになりました

公開日: 4月 20, 2020

Azure Sphere 20.04 更新プログラム 1 の提供が Retail Eval フィードで開始されました。この更新プログラムでは、再起動後にデバイスがイーサネット インターフェイスを起動しようとすると失敗する可能性があるバグが修正されています。このバグは 20.03 リリースからの回帰を表し、最初の Retail Evaluation 期間中にお客様から報告されました。お客様からすぐに問題を報告していただいたおかげで、迅速に修正することができました。感謝いたします。

この OS への変更により、Retail Evaluation 期間が再び始まります。Retail Evaluation の期間として 14 日間が設けられており、下位互換性のテストを行うことができます。この期間中に、お使いのアプリケーションとデバイスが Retail フィードを通じて広範囲にデプロイされる前に、このリリースで正常に動作することを確認してください。2 週間後に最終の 20.04 リリースが発行されるまで、Retail フィードでは引き続き OS バージョン 20.03 が提供されます。20.04 評価リリースには OS 更新プログラムのみが含まれ、更新された SDK は含まれません。

詳細については、Microsoft Tech Community のモノのインターネットに関する記事をお読みください。Azure Sphere OS フィードについて、および評価デバイス グループの設定の詳細については、Azure Sphere OS フィードをご覧ください。

  • Azure Sphere
  • Operating System
  • SDK and Tools

関連製品