提供中

Azure Service Fabric 6.5 の 3 回目の更新リリースの提供開始

公開日: 8月 23, 2019

Azure Service Fabric 6.5 の 3 回目の更新リリースには、バグ修正やパフォーマンスの強化が含まれており、さまざまな Azure リージョンへのロールアウトが開始されました。.NET SDK、Java SDK、Service Fabric ランタイムの更新は、Web Platform Installer、NuGet パッケージ、Maven リポジトリを介して、すべてのリージョンですぐに利用可能になります。

  • Service Fabric ランタイム
    • Windows - 6.5.664.9590
    • Ubuntu - 6.5.466.1
    • Windows Server 用 Service Fabric の Service Fabric スタンドアロン インストーラー パッケージ - 6.5.664.9590
  • .NET SDK
    • Windows .NET SDK - 3.4.664
    • Microsoft.ServiceFabric - 6.5.664
    • Reliable Services および Reliable Actors - 3.4.664
    • ASP.NET Core Service Fabric 統合 - 3.4.664
  • Java SDK - 1.0.5

Azure Files ボリューム プラグイン

Azure Files ボリューム プラグインは Docker ボリューム プラグインで、Docker コンテナーに Azure Files ベースのボリュームを提供します。この Docker ボリューム プラグインは、Service Fabric クラスターにデプロイ可能な Service Fabric アプリケーションとしてパッケージ化されています。その目的は、クラスターにデプロイされている他の Service Fabric コンテナー アプリケーション用に Azure Files ベースのボリュームを提供することです。

詳細については、ドキュメントリリース ノートをご覧ください。

  • SDK and Tools
  • Services