プレビュー

ルーティングの優先順位を使用した新しいネットワーク層のプレビューの提供が開始されました

公開日: 5月 19, 2020

ルーティングの優先順位は、Azure をご利用のお客様が、Azure のリソースとインターネット上のクライアントの間のルーティングを選択できるようにするための新しいオプションです。アプリの最適な消費量は重要であるため、配信を設計できるようにすることも同様に重要です。2 つのルーティングオプションは、(1) Microsoft グローバル ネットワーク経由でのルーティング (既定) と、(2) パブリック インターネット経由でのルーティングです。これらのオプションは、それぞれ "コールド ポテト ルーティング" および "ホット ポテト ルーティング" とも呼ばれます。

Microsoft グローバル ネットワーク経由での既定のルーティング: ユーザーからのトラフィックは、ユーザーに最も近い場所で受け取られ、Microsoft グローバル ネットワーク上で Azure のリソースにルーティングされます。Azure からのリターン トラフィックは同じパスをたどり、ユーザーに最も近い Microsoft ネットワークから出ていきます。トラフィックは可能な限り長い時間 Microsoft ネットワーク上に保持されるので、ホップ数を最小限に抑え、パフォーマンスと可用性を最大限に高めることができます (コールド ポテト)。

パブリック インターネット ルーティング: ユーザーからのトラフィックは、パブリック インターネット (ISP ネットワーク) を通過し、アクセスされたサービスをホストしているリージョンに最も近い Microsoft ネットワークに入ります。Azure からのリターン トラフィックは、同じリージョン内の Microsoft ネットワークから出ていき、パブリック インターネット ルートをユーザーに送り返します。トラフィックは、パブリック インターネット (ホット ポテト ルーティング) 上で大半の時間を費やします。パブリック インターネット経由でのエンドツーエンドのネットワーク パフォーマンスは、主に ISP とネットワーク プロバイダーのパフォーマンスに左右されます。

エグレス価格は、ルーティング ネットワークの選択によって異なります。お客様は、パブリック IP アドレスを作成するときにルーティングの優先順位を選択できます。これは、仮想マシン、仮想マシン スケール セット、インターネット接続ロード バランサーなどの Azure リソースに接続できます。さらに、Azure ストレージ リソースのルーティング優先順位を選択することもできます。

ドキュメントを参照する

 

  • Services
  • Microsoft Build