ナビゲーションをスキップする
提供中

OpenShift 4.4 で Azure Red Hat OpenShift を使用できるようになりました

公開日: 7月 21, 2020

OpenShift 4.4 は、安定した Kubernetes 1.17 上に構築されています。また、コンピューティング、ネットワーク、ストレージに関連するコア プラットフォームの機能の改善も含まれています。

注目すべき変更点には、以下のものがあります。

  • Knative プロジェクトに基づいて、OpenShift Serverless の一般提供 (GA) が開始され、サポートされるようになりました。
  • Helm 3 のサポート。これには、OpenShift Console の開発者向けカタログで Helm グラフを表示したり使用したりすることが含まれます。 
  • OpenShift Pipelines のテクニカル プレビュー。 オープンソースの Tekton プロジェクトをベースにした OpenShift Pipelines は OpenShift への CI/CD アドオンで、Kubernetes プラットフォーム間で移植可能な CI/CD パイプラインを作成し、コンテナー内でオンデマンドで実行するための、Kubernetes ネイティブな方法を提供します。

詳細情報

OpenShift Container Platform 4.4 のリリース ノートをお読みください。

  • Azure Red Hat OpenShift
  • Services