提供中

Azure Functions - Functions ランタイム 2.0 の一般提供を開始

公開日: 9月 24, 2018

機能強化されたクロス プラットフォームの Azure Functions ランタイムの一般提供を開始しました。これにより、クロス プラットフォームの .NET Core アセットを Functions アプリ内で使用できるようになりました。Azure Functions ランタイムの中核部である関数ホストが作り直され、.NET Core 2.1 で実行されるようになりました。これにより、パフォーマンスが大幅に向上すると共に、Windows、Mac、Linux という主要プラットフォームのすべてで、ローカルでの Functions の作成とホストが可能になりました。

また、新バージョンの Functions ランタイムでは一部のユーザー エクスペリエンスが更新され、パーソナライズされたクイックスタート エクスペリエンスを使用できるようになったほか、Azure portal でのローカル ツール (Visual Studio や VS Code) との統合も強化されています。

詳細情報

  • Azure Functions
  • Services

関連製品