ナビゲーションをスキップする
開発中

Azure DevOps ロードマップ: 2019 Q1 の更新

公開日: 2月 14, 2019

今四半期における重要な投資をご覧いただけるように機能のタイムラインを更新しました。 以下に示す機能はパブリック ロードマップ プロジェクトにリンクしています。各項目のリンク先で、それぞれの機能の詳細を確認することができます。 

ここでは、Q1 と Q2 の一部の機能のハイライトをいくつかご紹介します。

Azure Boards:

作業項目のコメントの編集と削除 - 2019 Q1

Azure Repos:

プル要求のマージ オプションとしてのリベース早送り - パブリック プレビュー 2019 Q1

分岐ポリシー管理の強化 - パブリック プレビュー - 2019 Q2

Azure Pipelines:

YAML ベースのパイプラインの GitHub Enterprise および BitBucket サポート - 2019 Q1

ホストされたプールと コンカレンシー使用に対する可視性 - 2019 Q1

Web の YAML エディター - 2019 Q1

マルチステージのパイプライン - 2019 Q1

Azure Artifacts:

Release Management における Azure Artifacts の完全サポート。アップストリーム ソースを引き続きロールアウト - 2019 Q1

レポート:

ビルド エラー レポート - 2019 Q1

管理:

Azure Active Directory への接続、課金情報の設定、およびセキュリティと組織の設定の更新 – 2019 Q1

Marketplace:

発行元の認定資格 - 2019 Q1

詳細については、Azure DevOps のブログを参照してください。 

皆様からのご意見をお待ちしております。Microsoft では、フィードバックを参考にしながら機能に優先順位を付けています。新しいアイデアや変更に関するご提案は、開発者コミュニティからお寄せください。既存の機能に投票することもできます。

 

  • Azure DevOps
  • Features

関連製品