Azure Database for PostgreSQL の読み取りレプリカの一般提供を開始

2019年4月17日 に投稿済み

Azure Database for PostgreSQL で、1 つのサーバー (マスター) から同じリージョン内の最大 5 つのサーバー (レプリカ) へのデータの非同期レプリケーションがサポートされるようになりました。これにより、読み取り負荷の高いワークロードをスケールアウトし、ユーザーの基本設定に従ってレプリカ サーバー間で負荷を分散することができます。レプリカ サーバーは読み取り専用で、データが書き込まれるのはマスターのデータ変更を複製するときだけです。レプリケーションを停止したレプリカ サーバーは、読み取りと書き込みを実行できるスタンドアロン サーバーとなります。レプリカは、Azure portal または CLI を使用して管理できます。

CLI を使用してレプリカを管理する方法を確認する

Azure portal を使用してレプリカを管理する方法を確認する

  • Azure Database for PostgreSQL
  • Features