Azure Automation Hybrid Runbook Worker supports proxy environments

2016年8月16日

A newly released update to Azure Automation Hybrid Runbook Worker adds support for workers communicating through a proxy server. This applies to PowerShell and graphical runbooks.

You can verify that the latest version has been applied to your Microsoft Monitoring Agent installation by confirming that the following subfolder matches this version number: %ProgramFiles%\Microsoft Monitoring Agent\Agent\AzureAutomation\7.2.11136.0. To enable this feature, please refer to the documentation for configuring proxy and firewall settings.

無料アカウント

今すぐサインアップして $200 の Azure クレジットを手に入れましょう

無料で始める

Visual Studio

サブスクライバーは 1 年ごとに最大 $1800 までの Azure サービスが利用できます。

今すぐアクティブ化

スタートアップ

BizSpark プログラムに参加して、Azure サービスを無料で利用しましょう

詳細情報