提供中

Azure Archive Storage と BLOB レベルの階層制御

公開日: 12月 13, 2017

Azure Archive Storage の一般提供が開始されました。Archive Storage は、アクセス頻度の低い長期保存データのストレージ コスト削減に関心をお持ちのお客様向けに、コールド ストレージ オプションを提供します。Archive Storage はホットおよびクール ストレージ階層と共存し、既定で 256 ビットの保存時 AES 暗号化を提供します。Archive Storage へのアクセスは、Azure Portal、PowerShell、Azure CLI ツールのほか、REST API、.NET、Java、Python、Node.js クライアント ライブラリを通して可能です。BLOB レベルの階層制御もリリースします。これによりユーザーは、ホット、クール、アーカイブの各ストレージ階層間で、オブジェクト レベルで BLOB を簡単に移動できるようになります。Archive Storage は 14 箇所のリージョンで使用可能で、幅広いさまざまなストレージ パートナーにサポートされます。

Archive Storage の可用性の詳細をご確認いただき、多様なパートナー サポートについてご覧ください。Archive Storage の一般情報 (価格情報を含む) もご利用いただけます。

 

 

  • Features