Azure API Management 更新プログラム 9 月 24 日

2018年9月24日 に投稿済み

Azure API Management の最新更新プログラムには、以下のバグ修正、変更、新機能が含まれています。

  • その過程で働きが削除されたことでポリシーが孤立する原因となった API インポートのバグを修正しました。このバグはさらに、そのポリシーで参照される名前付きの値が動かなくなり、名前を再利用できなくなる原因でもありました。
  • クライアント証明書の変更 (新規、更新、削除) はすぐにゲートウェイに通知され、たとえば、そのコンテキストの証明書コレクションですぐに反映されます。
  • 診断構成でヘッダー名の検証ロジックを厳しくし、準拠している HTTP ヘッダー名のみが許可されるようになりました。"@" が含まれる名前や改行文字は検証で不合格になります。
  • 再試行ポリシーで発生する例外を Azure Application Insights にときどき送信できないバグがなくなりました。
  • 中間 CA 証明書を削除できなくしていたバグを修正しました。
  • データベース タイムアウトの処理方法を変更し、指定されたターゲット ストレージ アカウントでブロック BLOB がサポートされているかどうかを確認する検証機能を追加することでバックアップの信頼性を上げました。
  • 現在、OAuth クライアント識別子と、URL で許可されない文字が含まれるシークレットが処理されます。
  • 空の値を含むヘッダーはコンテキストのヘッダー コレクションで反映されます。
  • http(s):// オリジンと共に、CORS ポリシーで file:// オリジンが許可されるようになりました。
  • 開発者ポータルで、SOAP 1.1 API の動作で soapAction クエリ パラメーターが足りない場合にドキュメント ページにエラーが発生することがなくなりました。また、SOAP 1.2 API で冗長的な ContentType ヘッダーが追加されるのを止めました。
  • Azure portal のテスト コンソールでヘッダーを追加するとき、既知のヘッダー名のドロップダウン リストからその名前を選択できます。

このサービス更新プログラムは 2018 年 9 月 24 日に開始されました。サービス インスタンスは一括でアップグレードします。通常、更新プログラムがアクティブなすべてのサービス インスタンスに届くまで 1 週間程度かかります。

  • API Management
  • Features