ナビゲーションをスキップする

Azure API Management サービスの更新情報

2017年9月19日

Azure API Management は API ライフサイクル管理や、ビジネス アプリケーションへの追加機能の拡張といった新しい機能を開発者に提供します。8 月のサービス リリースで特に注目すべき内容は次のとおりです。

·        API リビジョンおよびバージョン (プレビュー) により、API 発行者は管理された安全な方法で API を変更できます。API 発行者はリビジョンを使用して、API 利用者を混乱させることなく API を変更できます。バージョンは、互換性に影響する変更をカプセル化し、バージョン文字列によって特定されます。また、バージョン管理スキームのパス、クエリ文字列、ヘッダーのいずれかを使用できます。

·        Azure API の定義を Microsoft Flow や Microsoft PowerApps の環境にエクスポートします。これらの API は Flow や PowerApps にカスタム API として登録されており、ユーザーはより簡単に Azure API を使用できます。

·        ARM テンプレートを使用して Azure Key Vault から証明書をインポートします。

Azure API Management について詳しくご覧ください。

Related feedback