提供中

AzCopy v10.6 の同期機能の更新がリリースされ、より大きな BLOB サイズがサポートされるようになりました

公開日: 8月 24, 2020

AzCopy v10.6 がリリースされ、次の内容がサポートされます。

  • 同期コマンドに、--persist-smb-permissions フラグを使用して、サポートされているリソース間 (例: Windows と Azure Files) のアクセス制御リスト (ACL) が含まれるようになりました。
  • 同期には、--persist-smb-info フラグを使用して、サポートされているリソース (例: Windows や Azure Files) 間の SMB プロパティ (作成時刻、最終書き込み時刻、読み取り専用などの属性) も含まれます。
  • より大きいブロックおよび BLOB サイズのサポート。 4,000 MiB までの BLOB ブロック サイズのサポート。  これにより、最大 190.7 TiB (4,000 MiB x 50,000 ブロック) までのブロック BLOB サイズが提供されます。
  • ダウンロードおよび削除の操作の両方に対する list-of-versions フラグを使用した BLOB のバージョン管理のサポート

作業を開始するには、こちらの完全なリリース ノートをお読みください。

フィードバックを提供する

今すぐお試しになり、GitHub 上のソース コード リポジトリにご意見をお寄せください。

  • ストレージ アカウント
  • Features
  • Services