ナビゲーションをスキップする
プレビュー

プロビジョニング スループットのオートパイロット モードのプレビューを開始

公開日: 11月 04, 2019

オートパイロット モードでは、ユーザーがスループット レベルを選択すると、Azure Cosmos DB により、容量を需要に合わせるために、必要に応じて RU/秒が自動的にスケールアップまたはスケールダウンされます。レベルのアップグレードをオプトインすると、現在のレベルの上限を超えて需要が急増した場合に、アカウントが次に高いレベルに自動的に移行されます。つまり、ユーザーは、プロビジョニング スループットを管理したり、トラフィック パターンに合わせてプロビジョニング スループットの増減を調整したりする必要はありません。これにより、時間が節約され、カスタム スクリプトが不要になり、スループットのオーバープロビジョニングやアンダープロビジョニングのリスクが排除されます。レベルのアップグレードをオプトインすると、過剰な需要や不十分なスループットが原因でアプリがレート制限されることがなくなるので安心できます。

詳細についてはこちら (英語) をご覧ください

  • Azure Cosmos DB
  • Features

関連製品