Preview: Azure Functions Open API (Swagger) support

2017年3月30日

Support for editing and hosting Open API 2.0 (Swagger) metadata in Azure Functions is now in preview. API authoring is a popular application of Functions, and Swagger metadata allows a whole network of Swagger-compliant software to easily integrate with those APIs.

These features integrate with the existing Azure App Service API definition support. So you can consume your API on a variety of first-party services, including PowerApps, Flow, and Logic Apps. You can also generate SDKs for your API in Visual Studio.

Read more in our team's blog post.

無料アカウント

今すぐサインアップして $200 の Azure クレジットを手に入れましょう

無料で始める

Visual Studio

サブスクライバーは 1 年ごとに最大 $1800 までの Azure サービスが利用できます。

今すぐアクティブ化

スタートアップ

BizSpark プログラムに参加して、Azure サービスを無料で利用しましょう

詳細情報