アクションが必要 - Windows 用 Log Analytics エージェントでは 2020 年 5 月 18 日に SHA-2 署名が適用されます

公開日: 3月 18, 2020

Windows 用 Log Analytics エージェント (OMS Windows エージェントまたは Microsoft Monitoring エージェントとも呼ばれます) では、2020 年 5 月 18 日に SHA-2 署名の適用が開始されます。この変更については、エージェントをレガシ OS バージョン (Windows 7、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2008) で実行している場合にのみアクションが必要です。レガシ OS バージョンで実行しているお客様は、2020 年 5 月 18 日より前に最新のサービス更新プログラムとパッチをコンピューターに適用する必要があります。適用しない場合、そのエージェントは Log Analytics ワークスペースへのデータの送信を停止します。この変更は、Azure サービス (Azure Monitor、Azure Automation、Azure Update Management、Azure Change Tracking、Azure Security Center、Azure Sentinel、Windows Defender ATP) の一部として、レガシ OS で Log Analytics エージェントを使用しているお客様に影響します。

詳細についてはこちら

  • Log Analytics
  • Azure Monitor
  • Automation
  • Security Center
  • Azure Sentinel
  • Operating System
  • Microsoft Build