Azure Virtual Machine のサイズ A8 - A11 が 2021 年 3 月 1 日に廃止

公開日: 2月 25, 2020

Microsoft では、データセンター ハードウェアの最新のイノベーションに基づいて、より最新かつ最適化された仮想マシン インスタンスを Azure に継続的に導入していますが、古くなったハードウェアの廃止方法を慎重に計画する必要もあります。このことを考慮して、Azure Virtual Machine のサイズ A8 - A112021 年 3 月 1 日に廃止になります。これは、以前に発表された 2020 年 10 月の廃止日からの変更です。

どのような影響がありますか?

本日以降、既存の A8 - A11 サイズの仮想マシンを利用しているお客様は同じサイズをさらにデプロイできますが、新規のお客様は A8 - A11 の VM を作成できなくなります。

2021 年 3 月 1 日以降は、サブスクリプションに残っている A8 - A11 サイズの仮想マシンがすべて割り当て解除済みの状態に設定されます。これらの仮想マシンは停止されてホストから削除されます。これらの仮想マシンが割り当て解除済みの状態で課金されることはなくなります。

どのような対応が必要ですか?

2021 年 3 月 1 日までに、A8 - A11 の仮想マシンのサイズを変更する必要があります。ハイパフォーマンス コンピューティング (HPC) ワークロードを別の HPC Virtual Machine のサイズに移すことをお勧めします。

Azure Virtual Machine のサイズの変更に関する詳細をご覧ください

  • 仮想マシン
  • Retirements

関連製品