Azure の更新情報

Azure 製品の重要な更新情報、ロードマップ、お知らせをご確認ください。最新情報を入手するために通知を受け取ることができます。

製品

    8月 2019

    08/14

    Azure Service Fabric 6.5 Second Refresh Release is Now Available

    Azure Service Fabric 6.5 Second Refresh Release rolled out last month with key announcements, along with bug fixes, and performance enhancements.

    • Service Fabric
    • Features
    • SDK and Tools
    • Services
    08/14

    Service Fabric Azure Resource Manager (ARM) application and service deployment is now generally available

    The deployment of Service Fabric applications as resources via Azure Resource Manager is now generally available.

    • Service Fabric
    • Features
    • SDK and Tools
    • Services
    08/13

    Azure Service Fabric アプリケーションのマネージド ID のパブリック プレビュー

    Azure Service Fabric アプリケーションで、ユーザー割り当てのマネージド ID とシステム割り当てのマネージド ID がサポートされるようになりました。

    • Service Fabric
    • Features
    • SDK and Tools
    • Security
    • Services

    7月 2019

    07/12

    オーストラリア東部および東南部のリージョンでの Azure Monitor for VMs の利用開始

    Azure Monitor for VMs がオーストラリア東部および東南部で利用可能になりました。これで、世界の 9 つのパブリック リージョンでご利用いただけるようになりました。

    • Azure Monitor
    • Virtual Machines
    • Virtual Machine Scale Sets
    • Service Fabric
    • Regions & Datacenters
    07/03

    Azure Service Fabric 6.5 更新リリースの提供開始

    この更新リリースでは Service Fabric ランタイムの 6.5 リリースで特定されたバグが修正され、ツールおよび SDK 更新プログラムと共に、多くの Azure リージョンへのロールアウトが開始されました。詳細については、リリース ノートを参照してください。

    • Service Fabric
    • SDK and Tools
    • Services

    6月 2019

    06/11

    Azure Service Fabric 6.5 リリースの提供開始

    Service Fabric リリース バージョン 6.5 が、ツールおよび SDK 更新プログラムと共に、多くの Azure リージョンにロールアウトされました。このリリースには、さまざまな新機能、バグ修正、サポート、信頼性とパフォーマンスの強化が含まれています。変更点の詳細な一覧については、リリース ノートを参照してください。

    • Service Fabric
    • Features
    • SDK and Tools
    • Services

    5月 2019

    05/06

    Azure Service Fabric クラスターで可用性ゾーン間のサポートが利用可能

    Azure Service Fabric を使用しているお役様は、可用性ゾーン間により、Service Fabric クラスター向けの可用性ゾーン間のサポートによって信頼性を高めることができます。

    • Service Fabric
    • Microsoft Build

    4月 2019

    04/19

    Service Fabric Mesh のプレビュー - 開発中の機能に関する春の更新

    Service Fabric Mesh のプレビューは、いくつかの新機能と、お寄せいただいたフィードバックに基づく改善によって、現在更新中です。

    • Service Fabric
    • Features
    04/15

    Service Fabric バージョン 6.4 CU5 リフレッシュ リリース

    Azure Service Fabric バージョン 6.4 CU5、およびそれに対応する SDK およびツールの一般提供が開始されれました。

    • Service Fabric
    • Features
    04/15

    Service Fabric バージョン 6.5 ランタイムおよび SDK が現在開発中

    新機能と機能強化を含めて Service Fabric バージョン 6.5 ランタイムおよび SDK を現在開発中です。

    • Service Fabric
    • Features

    3月 2019

    03/29

    Service Fabric クラスターの Availability Zones サポート

    Availability Zones (AZ) を使用して、これまでより高い信頼性と回復性を確保できるようになりました

    • Service Fabric
    • Features
    03/29

    Azure File ボリューム ディスク プラグインが現在プレビュー段階

    Azure File ボリューム ディスクが現在プレビューの段階です。コンテナーのリモート状態ストレージに Azure Files を使用します。詳細については、こちら (https://docs.microsoft.com/azure/service-fabric/service-fabric-containers-volume-logging-drivers) をご覧ください。

    • Service Fabric
    • Features
    03/29

    Service Fabric コントロール プレーンの監査ログは開発中です

    不審な要求を調査し、統計を収集します。また、監視アラートを作成したり、Azure AD アカウントを使って Service Fabric クラスターへの変更を開始し、適用したユーザーを追跡したりできます

    • Service Fabric
    • Features
    03/29

    Service Fabric ノード別クラスター アップグレードは現在開発中です

    標準の 5 つのアップグレード ドメイン (UD) よりも細かなレベルでアップグレードできるようにします。これにより、アプリケーションおよびクラスターをアップグレードするときに、さまざまなサイズのノードまたは UD を個別に選択できます。

    • Service Fabric
    • Features
    03/29

    Azure Resource Manager (ARM) アプリケーションとサービスのデプロイ

    Azure Resource Manager (ARM) アプリケーションとサービスのデプロイは現在プレビュー段階にあります。この機能 (https://docs.microsoft.com/azure/service-fabric/service-fabric-application-arm-resource) は、Service Fabric の v6.5 ランタイム リリースで一般提供予定です。

    • Service Fabric
    • Features
    03/29

    アプリケーションおよびサービスに対するマネージド ID (MI) のサポートが現在開発中

    Service Fabric クラスターで実行される Service Fabric のアプリケーションとサービスは、Azure サービスと安全に通信できるように、Azure Active Directory 内で独自のファースト クラス ID を持ちます。

    • Service Fabric
    • Features
    03/29

    REST ベースのクライアント ライブラリと PowerShell モジュールがプレビュー段階

    REST ベースのクライアント ライブラリと Service Fabric 用の PowerShell モジュールは現在プレビューの段階です。この HTTP REST ベースのクライアントにより、Service Fabric SDK をインストールしてくても、PowerShell および Azure CLI を実行してクラスターを管理できます。

    • Service Fabric
    • Features
    03/29

    低優先度 VM のサポートは現在開発中です

    低優先度 VM Scale Sets には SLA がないため、ワークロードが、低コストのメリットを利用するために、直前の通知または通知なしでクラスターから削除している仮想マシンを処理できるシナリオにのみ適しています。

    • Service Fabric
    • Features

    12月 2018

    12/05

    提供開始: Service Fabric Mesh Fall 更新プログラム

    サーバーレスの Azure Service Fabric Mesh Fall 更新プログラムの提供が開始されました。このリリースでは、ストレージの機能強化と修正に加えて、自動スケールやネットワーク、ゲートウェイ リソースなどが機能強化されます。

    • Service Fabric
    • Microsoft Connect
    • Services
    12/04

    提供開始: Azure Service Fabric ランタイム バージョン 6.4 & SDK の更新プログラム

    Azure Service Fabric ランタイム バージョン 6.4、およびそれに対応する SDK およびツールの更新プログラムの提供が開始されました。これには、多くの拡張機能が含まれています。

    • Service Fabric
    • Microsoft Connect
    • Services

    実際に使ってみる