Microsoft Cloud Adoption Framework for Azure

クラウド導入の取り組みを加速させる Microsoft の実証済みのガイダンス

Microsoft Cloud Adoption Framework for Azure とは

Microsoft Cloud Adoption Framework for Azure は、組織がクラウドで成功を収めるために必要なビジネス戦略およびテクノロジ戦略の作成と実装を支援することを目的とした実証済みのガイダンスです。クラウド アーキテクト、IT プロフェッショナル、ビジネス上の意思決定者が短期的および長期的な目標を無事達成するために必要なベスト プラクティス、ドキュメント、ツールを提供します。

Microsoft Cloud Adoption Framework for Azure のベスト プラクティスを使用することで、組織はビジネス戦略と技術的戦略を適切に調整して成功を実現できます。

ビジネス目標を実現する

パートナーと協力するか独力で、クラウドにおける組織のビジネス チャンスを特定し、クラウド テクノロジを使用して目標を実現します。

クラウド導入に向けて組織を準備する

ビジネス成果の改善につながるテクノロジの変更を組織が理解し、受け入れるうえで役立つ生産的で持続可能な方法を特定します。また、必要に応じて、クラウドへの移行に向けて既存のデジタル リソースを準備します。

クラウドに移行して最適化する

デジタル資産をクラウドに移行し、革新的なクラウドベースのテクノロジによる卓越性を実現するために、デジタル資産と運用プロセスを最適化します。

クラウド導入までの道程

どの組織にも有効な単一のクラウド導入パスはありませんが、主な実装段階はすべての組織や業界でほぼ同じです。 具体的には、戦略の定義、計画の作成、組織の準備、クラウドの導入の各段階があります。

具体的には、戦略の定義、計画の作成、組織の準備、クラウドの導入の各段階があります。

動機を理解する

クラウド導入にはさまざまな理由や動機があります。効果的なクラウド導入戦略を策定するには、それらを理解することが重要です。

目標とするビジネス成果を特定する

動機に沿った明確なビジネス成果を定めます。こちらのテンプレートを使用して、優先すべき成果を決定する際に利害関係者と意思決定者の足並みを揃えさせます。

業務上の正当な理由を明確にする

ビジネス ケースを定義し、クラウド導入戦略のビジネスへの影響を予想するための財務モデルを作成します。

デジタル資産のインベントリを作成する

ワークロード、アプリケーション、データ ソース、仮想マシン、その他の IT 資産をすべてカタログ化し、それらを評価して、クラウドでホストする最良の方法を決定します。

クラウド導入計画を作成する

ビジネスへの影響と技術的な複雑さに基づいてワークロードに優先順位を付け、クラウド導入計画を作成します。

スキルを明確にし、準備をサポートする

サポートのニーズを明確にし、現在のギャップに対処して、ビジネス部門と IT 部門の従業員が変化と新しいテクノロジに対応できるように、スキル準備計画を作成して実施します。

クラウド環境を準備する

優先順位が付けられたアプリケーションをデプロイするために、クラウドにランディング ゾーンを設定します。

どの組織にもクラウドを導入する独自の理由がありますが、主な動機が 2 つあります。

移行

この動機は、組織が限られた範囲の最初のクラウド移行作業から開始することを想定した段階的なプロセスに基づいて、オンプレミスの既存のアプリケーションをクラウドに移行することに焦点を合わせています。最初の経験から学び、移行プロセスを改善するにつれて、この作業は後でより多くのワークロードの移行に拡大されます。

革新

この動機は、ビジネスと製品のイノベーションを推進するためにデジタル資産の最新化に焦点を合わせています。インフラストラクチャのデプロイ、運用、ガバナンスの最新のアプローチにより、開発と運用間のギャップが急速に埋まりつつあります。

ガバナンスのベンチマークを実施して改善する

組織の変革の過程でギャップを特定し、ガバナンスのベンチマークを実施してガバナンスの状態を経時的に追跡します。ガバナンス ベンチマーク ツールを使用して、ギャップを解消するための推奨事項を入手します。ニーズに応じて、具体的な推奨事項の例を次に示します。

  • ユース ケースに関連するドキュメント
  • Microsoft Learn のスキル構築コースとラーニング パス
  • パートナー ソリューション
  • Microsoft FastTrack for Azure を利用した Microsoft との直接的な連携

ガバナンス ベンチマーク ツールを使用し、分析を Microsoft の担当者またはパートナーと共有して、ガバナンス ソリューションの詳細を確認します。

ビジネス リスクを特定し、リスク許容度を定義する

ビジネス リスクとリスク許容度を特定し、ガバナンスおよびコンプライアンス ポリシーを使用してそれらのリスクを軽減します。定期的なガバナンス プロセスを実行して、ポリシーの遵守を監視します。

ガバナンス プラクティスを確立する

コスト管理、セキュリティ ベースライン、リソースの整合性、ID ベースライン、デプロイの自動化というクラウド ガバナンスの規範に基づき、ガバナンス MVP (実用最小限の製品) を実装して初期ガバナンス プラクティスを確立します。

ビジネスの安定性を高める

次の 3 つの重要なビジネス安定性要件を定義します。

  • 重要性: 必要なレベルの運用サポートを定義します。
  • 影響: スケーラビリティ、可用性、回復性のニーズに対するパフォーマンスの期待値を定義します。
  • コミットメント: コストとパフォーマンスを確立し、追跡します。

Microsoft Learn

ラーニング パスを利用して、従業員のクラウドのスキルを 高めます。

詳細はこちら

FastTrack for Azure

Microsoft のエンジニアのサポートを受けることができます。

開始する

Azure Migration Center

クラウド移行の取り組みを開始します。

開始する

Azure 移行プログラム

ワークロードをクラウドに移行する際にサポートを受けることができます。

詳細はこちら

Microsoft Cloud Adoption Framework for Azure の詳細を確認するか、取り組みを開始するためのパートナーを探しましょう。