Visual Studio Team Services

コードを共有し、作業を追跡し、ソフトウェアを出荷するためのサービスです。1 つのパッケージで、あらゆる言語に対応しています。IDE の補完に最適です。

コラボレーションを素早く開始

Visual Studio Team Services では、さまざまなプラットフォームでソフトウェアの計画、構築、移動を、迅速かつ容易に実行できます。このクラウド インフラストラクチャを使えば、サーバーのインストールや構成をまったく行わずに、すぐに作業を開始できます。

Git または TFVC を使用した無制限のプライベート プロジェクト

どこからでもアクセスできるプライベート チーム プロジェクトを作成します。従来の一元的なバージョン管理には Team Foundation バージョン管理 (TFVC) を使用します。分散型のバージョン管理を行う場合は Git を使用します。さまざまなチーム プロジェクトを組み合わせて、1 つのアカウントで組織全体を容易にホストできます。

すべてを 1 か所から追跡

新しい機能、バグ、その他の作業項目をバックログに記録します。バックログは、スクラム方式、かんばん方式、または独自のアジャイル プロセスを実施する際に役立ちます。カスタマイズ可能なタスク ボードを使用してチームの進捗状況を追跡します。また、アジャイル ポートフォリオ管理では大規模なグループがすべてのチームの作業状況を追跡できます。

クラウドの機能を活用した継続的な統合とデプロイ

コードの変更後またはオンデマンドでアプリケーションを自動的にコンパイルおよびテストするビルド定義をクラウド内で使用して、品質に関する問題を早期に検出します。グラフとカスタマイズ可能なダッシュボードを使用して、ビルドの正常性を継続的に追跡します。テストに合格すると、更新された Web サイトが Azure に直接デプロイされます。

使い慣れた開発ツールを使用

Visual Studio 内で、あるいは Eclipse 用の無料プラグインを使用することで、統合されたエクスペリエンスによってプロジェクト、コード、作業項目にアクセスできます。Git クライアント (Xcode を含む) および最新の Web ブラウザー インターフェイスをサポートしているため、どの開発ツールを使用する場合でも、Visual Studio Team Services はチームのニーズに合わせて調整できます。

小規模チームにも使いやすい、従量制の価格設定

ユーザー 5 名までのチームであれば無料で利用できるため、必要なだけ多くのリポジトリ、作業項目、バグを含むプライベート チーム プロジェクトを、追加コストなしで数の制限なく作成できます。ユーザー追加の価格設定は明確であり、ビルドや負荷テストなどの共有リソースには月間使用量が含まれています。この使用量は、需要の拡大に伴って増やせます。

関連製品およびサービス

Virtual Machines

Windows と Linux の仮想マシンを数秒でプロビジョニング

Application Insights

Web アプリおよびサービスにおける問題の検知、トリアージ、および診断

Visual Studio Team Services なら、簡単に始められます