Azure SQL Database Edge

占有領域が少なく、エッジに対して最適化され、AI が組み込まれたデータ エンジン

エッジ アーキテクチャとアプリケーション開発をシンプルに

ARM および Intel アーキテクチャ上で動作する Azure SQL Database Edge (現在、プライベート プレビュー段階) では、最も安全な Microsoft SQL エンジンをエッジに提供します。このエッジ コンピューティング向け生産性向上ツールは、データ ストリーミングや時系列などの新機能のほか、データベース内の機械学習とグラフ機能を兼ね備えています。アプリケーションを一度開発すれば、エッジ、データセンター、Azure のどこにでもデプロイすることが可能です。

接続または切断されている環境内の ARM および x64 ベースのデバイスで実行される、占有領域の少ないコンテナー

組み込みのデータ ストリーミングと時系列のほか、データベース内の機械学習とグラフ機能により、低遅延の分析を実現

お客様のデータセンターとクラウド ストレージに転送する前にエッジでデータを処理することで、ネットワーク帯域幅とコストを最適化

Azure またはエンタープライズのポータルからデプロイと更新を行えるので、セキュリティが一貫して維持されるほか、管理が容易

お好きなプラットフォームを使用可能

x64 ベースのアーキテクチャに加えて ARM ベースのデバイスが含まれるよう、デバイス アーキテクチャの対象範囲を拡張できます。Windows と Linux のいずれかをオペレーティング システムとして選択できるほか、Kubernetes を使用してデバイスのインフラストラクチャを調整し、効率化と自動化を進めることができます。接続された状態またはオフラインで SQL Database Edge を実行し、さまざまなエッジ環境に対応することが可能です。

ARM ベースのコンテナーの動作を確認する

時系列データを格納して分析

SQL Database Edge は、時系列データをストリーム配信、格納、分析するエッジ ワークロード (IoT など) に対して最適化されています。時間ウィンドウ化、集計、フィルタリングの機能を使用して、ストリーム配信中のデータを分析できます。また、時系列やグラフといったデータ型を組み合わせて、より詳細な分析情報を得ることができます。

インフォグラフィックをダウンロードする

組み込みの AI を利用してリアルタイムなアクションをトリガー

組み込みの機械学習 (ML) 機能を使用して、エッジで異常を検出したり、ビジネス ロジックを適用したりできます。R、Python、Java、Apache Spark™ といった一般的なツールのいずれかを選び、時系列やグラフ、その他の種類のデータを処理することが可能です。クラウドでトレーニングした ML モデルをエッジ コンテナーに配置して接続と待ち時間の問題を回避し、予測内容をクラウドに送り返してさらに分析することができます。

時系列データに対するリアルタイム分析のデモを見る

管理が手軽

すべてのエッジ デバイス上に SQL Database Edge をインストールして管理するのに、データベース管理者のチームを用意する必要はありません。単一の管理ポータルからコンテナーの作成とデプロイが可能であるほか、セキュリティ管理とビジネスのニーズに応じて、コンテナーとデータ スキーマを更新できます。

比類ないパフォーマンスとセキュリティを実現

SQL Server および SQL Database と同じコード ベースに基づいて構築された SQL Database Edge では、パフォーマンスが高く安全なエンジンを使用して、エッジ コンピューティングの需要に対応します。Kubernetes で Always On を使用して高可用性とディザスター リカバリーを柔軟に利用できます。また、Transparent Data Encryption、データ マスキング、Always Encrypted といった業界最先端のセキュリティ ツールを使用して、エッジ デバイス上のデータを保護可能です。

エッジ アーキテクチャをシンプルに

ローカル ストリーミング、ストレージ、機械学習のために、単一のコンテナーを使用できます。外部からのアクセスが、オンプレミスで稼働している SQL Server や Azure の SQL Database と同じであるため、SQL Database Edge では、アプリケーションの開発と管理に関する一貫したエクスペリエンスがエッジに拡張されます。アプリケーションを一度開発すれば、どこでも必要な場所で実行することが可能です。

SQL Database Edge に関してよく寄せられる質問

  • 早期導入者プログラムにご参加ください。承認された場合、エンジニアリング チームから、プライベート プレビューへのアクセス権が提供されます。
  • SQL Database Edge はプライベート プレビュー段階であるため、価格や購入モデルに関する情報はまだありません。
  • SQL Database Edge では、Linux 上で動作する ARM64 および x64 のデバイスがサポートされています。Windows のサポートは近日提供予定です。別のプラットフォームまたは OS での使用をご希望の場合は、Microsoft にご提案をお送りください
  • はい。SQL Database Edge では、オフラインのみのデプロイ モデルがサポートされています。
  • イベント処理エンジンである Azure Stream Analytics を使用すると、大量のストリーミング データを調べることができます。受信データは、デバイス、センサー、Web サイト、ソーシャル メディア フィード、アプリケーションなどのソースから得られます。Stream Analytics では、データ ストリームからの情報の抽出と、パターンや関係の特定もサポートされています。

    SQL Database Edge では、それらすべてを実行することができるうえ、エッジにあるデータを格納、処理、分析するための SQL Database の機能もあります。SQL Database Edge は、ローカルでの格納と分析が重要な、接続されることのないデプロイ、接続と切断が半々のデプロイ、ほとんど接続されないデプロイで使用できます。

SQL Database Edge 早期導入プログラムにサインアップする

プライベート プレビューに参加するには、こちらのフォームにご記入ください。エンジニアリング チームのメンバーからすぐに連絡が届きます。

私は、Microsoft Azure およびその他のマイクロソフト製品/サービスに関する情報、ヒント、セール情報を受け取ることを希望します。プライバシーに関する声明

SQL Database Edge 早期導入プログラムにサインアップする

プライベート プレビューに参加する