ナビゲーションをスキップする

Emotion

顔を分析してさまざまな感情を検出し、アプリの応答をカスタマイズしましょう。

画像の感情を認識

Emotion API は画像の中の人物の表情を入力として取り、Face API を使って画像の中の顔それぞれについて一連の感情の信頼度と、顔の境界ボックスを返します。ユーザーがすでに Face API を呼び出している場合は、オプション入力として顔矩形を指定することができます。

検出される感情は、怒り、軽蔑、嫌悪感、恐怖、喜び、中立、悲しみ、驚きです。これらの感情は、文化が異なっても特定の表情を伴って広く交わされると理解されています。

アクションからご覧ください

怒り 0.00001
軽蔑 0.00012
嫌悪感 0.00003
恐怖 0.00059
喜び 0.06631
中立 0.00555
悲しみ 0.00001
驚き 0.92739
検出結果:
1 個の顔が検出されました

JSON:
[ { "faceRectangle": { "top": 141, "left": 130, "width": 162, "height": 162 }, "scores": { "anger": 9.29041E-06, "contempt": 0.000118981574, "disgust": 3.15619363E-05, "fear": 0.000589638, "happiness": 0.06630674, "neutral": 0.00555004273, "sadness": 7.44669524E-06, "surprise": 0.9273863 } } ]

使ってみたいですか?

ビデオの感情を認識

Emotion API を使用すると、お客様のコンテンツに対する個人または集団の反応を長期間にわたり追跡できます。検出される感情は、怒り、軽蔑、嫌悪感、恐怖、喜び、中立、悲しみ、驚きです。

ビデオのフレームを抽出し、そのフレームを API に送信することで、ビデオ内の感情を認識します。結果はすぐに返ってきます。GitHub のサンプルを使用して今すぐコーディングを始めましょう。

詳細情報 (英語)

アクションからご覧ください

使ってみたいですか?

Cognitive Services APIs を詳しく見る

Computer Vision

画像から意思決定に役立つ情報を抽出

Face

写真に含まれる顔の検出、識別、分析、グループ化、タグ付け

Video Indexer

動画の洞察を解放

Content Moderator

画像、テキスト、ビデオを自動モデレート

Custom Vision プレビュー

貴社の最先端のコンピューター ビジョン モデルを、独自の用途向けに簡単にカスタマイズできます

Text Analytics

センチメントとトピックを簡単に評価して、ユーザーが求めるものを理解

Translator Text

シンプルな REST API 呼び出しで機械翻訳を簡単に実行

Bing Spell Check

アプリでのスペル ミスを検出して修正

Content Moderator

画像、テキスト、ビデオを自動モデレート

Language Understanding

ユーザーが入力したコマンドをアプリが理解できるようにします。

Speaker Recognition プレビュー

音声を使用して個々の話者を識別および検証

Speech Services

音声テキスト変換、テキスト読み上げ、音声翻訳のための統合Speech Services

QnA Maker

情報から会話形式のナビゲーションしやすい回答を抽出

アプリをパワーアップさせる準備はできていますか?