ナビゲーションをスキップする

PaaS とは

サービスとしてのプラットフォーム

サービスとしてのプラットフォーム (PaaS) は、クラウド内の完全な開発およびデプロイの環境であり、この環境には単純なクラウドベースのアプリから高度なクラウド対応型エンタープライズ アプリケーションまで、あらゆるものを実現できるリソースがそろっています。必要なリソースをクラウド サービス プロバイダーから従量課金制で購入し、セキュリティで保護されたインターネット接続を介してそのリソースにアクセスします。  

IaaS と同様に、PaaS にはインフラストラクチャ (サーバー、ストレージ、ネットワーク) が含まれますが、さらにミドルウェア、開発ツール、ビジネス インテリジェンス (BI) サービス、データベース管理システムなども含まれています。PaaS は、Web アプリケーションのライフサイクル全体 (ビルド、テスト、デプロイ、管理、更新) をサポートできるように設計されています。

PaaS を利用すると、ソフトウェア ライセンスや、基盤となるアプリケーション インフラストラクチャとミドルウェア、コンテナー オーケストレーター (Kubernetes など)、または開発ツールとその他のリソースの購入と管理の経費と複雑さを回避することができます。利用者は自分が開発するアプリケーションとサービスを管理し、クラウド サービス プロバイダーは一般的に、その他すべてを管理します。

 

サービスとしてのプラットフォーム — IaaS にはサーバーとストレージ、ネットワーク ファイアウォールとセキュリティ、およびデータセンター (物理的なプラント/建物) が含まれます。PaaS には IaaS の要素に加えて、オペレーティング システム、開発ツール、データベース管理、ビジネス分析も含まれます。SaaS には PaaS の要素に加えて、ホステッド アプリも含まれます。

ホステッド アプリケーション/アプリ 開発ツール、データベース管理、ビジネス分析 オペレーティング システム サーバーとストレージ ネットワーク ファイアウォール/セキュリティ データ センターの物理的なプラント/建物

一般的な PaaS のシナリオ

組織では一般的に、次のシナリオで PaaS が使用されます。

開発フレームワーク。 PaaS によってフレームワークが提供され、開発者はこれを基盤としてクラウドベースのアプリケーションを開発またはカスタマイズできます。Excel のマクロを作成するのと同様の方法で、PaaS では開発者が組み込みのソフトウェア コンポーネントを使用してアプリケーションを作成できます。スケーラビリティ、高可用性、マルチテナント機能などのクラウド特有の機能も含まれているため、開発者が行う必要のあるコーディングの量が減少します。

分析またはビジネス インテリジェンス。 PaaS とともにサービスとして提供されるツールを利用して、組織が保有するデータの分析とマイニングを行うことができます。これによってインサイトやパターンを見つけて結果を予想することができるため、予測、製品デザインに関する意思決定、投資利益などのビジネス上の意思決定を向上させることができます。

追加のサービス。 アプリケーションを拡張するその他のサービス (ワークフロー、ディレクトリ、セキュリティ、スケジューリングなど) が PaaS プロバイダーから提供されることもあります。


PaaS の利点

インフラストラクチャをサービスとして提供する PaaS には、IaaS と同じ利点があります。これに加え、ミドルウェア、開発ツール、その他のビジネス ツールという追加の機能があるため、次のような利点も得られます。

コーディング時間を短縮できる。 PaaS の開発ツールを利用すると、プラットフォームに組み込まれているコーディング済みアプリケーション コンポーネント (ワークフロー、ディレクトリ サービス、セキュリティ機能、検索など) を使用して新しいアプリのコーディングに要する時間を削減することができます。

スタッフを追加せずに開発能力を追加できる。 "サービスとしてのプラットフォーム" のコンポーネントを利用すると、必要なスキルを持つスタッフの追加は不要で、開発チームに新しい能力を与えることができます。

モバイルを含む複数のプラットフォームに対応した開発がさらに簡単になる。 サービス プロバイダーによっては、コンピューター、モバイル デバイス、ブラウザーなどの複数のプラットフォームに対応するための開発オプションが用意されているため、クロスプラットフォーム アプリケーションをより速く簡単に開発できます。

高度なツールを手頃な価格で使用できる。 従量課金制モデルのため、一括購入ならば手が届かないような高度な開発ソフトウェアやビジネス インテリジェンスと分析のツールを個人や組織が使用することも可能になります。

地理的に分散した開発チームをサポートできる。 開発環境にはインターネット経由でアクセスするので、開発チームのメンバーが遠隔地にいるときでもチームが共同でプロジェクトの作業を行うことができます。

アプリケーションのライフサイクルを効率的に管理できる。 Web アプリケーションのライフサイクル全体 (ビルド、テスト、デプロイ、管理、更新) を同じ統合環境内でサポートするのに必要となるすべての機能が PaaS によって提供されます。

セールス担当者とチャット