メイン コンテンツにスキップ

Azure Automanage

クラウドとオンプレミスのインフラストラクチャを簡単に自動化できます。

クラウドとオンプレミスのインフラストラクチャの簡単な自動化

Azure Automanage は、IT 管理を簡素化するための統合ソリューションを提供します。ポイント アンド クリックのシンプルさにより、操作を自動化し、Azure または Azure Arc で有効なハイブリッド環境で Windows Server および Linux サーバーのライフサイクル全体にわたって一貫したベスト プラクティスを適用できます。
Video container

Azure Arc による、Azure またはハイブリッド環境での仮想マシンの自動ベスト プラクティス構成

ワークロードのアップタイムを改善するためのプロアクティブなドリフトの検出と修復

継続的な管理とセキュリティのために自動的に適用されるセキュリティ ベースライン

Azure での Windows Server の最適化された管理のための革新的な機能

どこでも仮想マシンの構成を簡素化

Azure のサービスとリソースの一覧
Automanage の仮想マシンの一覧

大規模な継続的なセキュリティと管理のための運用を自動化する

  • Microsoft サーバーのセキュリティ ベースラインを適用して運用上のセキュリティを効率的に維持するなど、頻繁にエラーが発生しやすいタスク自動化することで、リスクを軽減します。
  • マシンが目的の構成状態から逸脱した場合に、ドリフトを事前に検出して自動的に修復することで、ワークロードの稼働時間を向上させます。

Azure 上の Windows Server の革新的な機能にアクセスする

  • Hotpatchを使用して Windows Server 仮想マシン を再起動せずに修正プログラムを適用しますが、これは Azure 上のみです。
  • オンプレミスの IP サブネットを拡張し、元のプライベート IP アドレスを保持することで、ワークロードを Azure に簡単に移行できます。
  • VPN を使用せずにリモートで作業する場合は、セキュリティで保護されたファイルサービス プロトコルである QUIC経由の SMBを使用して、ファイルに安全にアクセスします。
Azure でファイル共有を構成するユーザー

包括的なセキュリティとコンプライアンスの組み込み

  • Microsoft では、サイバーセキュリティの研究と開発に年間 USD10 億を超える投資を行っています。

ポリシーおよびコンプライアンスのデータとリソース セキュリティ ウイルス予防策を示す Azure Security Center の概要
  • Microsoft には、データ セキュリティとプライバシーを専門とする 3,500 人を超えるセキュリティ エキスパートがいます。

推奨事項の一覧を示す Azure Security Center の [コンピューティングとアプリ] タブ
  • Azure は、他のあらゆるクラウド プロバイダーを上回る数の認定を受けています。包括的なリストをご確認ください。

  • Automanage は無料です

    Automanage 専用の料金は発生しません。Automanage を通じてオンボードされた Azure サービスは、個別に課金されます。

Azure 無料アカウントで作業を開始する

1

無料で始めましょうUSD200 相当のクレジットを取得して 30 日間使用できます。クレジットを保持している間は、最も人気のあるサービスの多くを無料で利用できるほか、55 以上のその他のサービスを常時無料で利用できます。

2

クレジットがなくなった後に、同じ無料サービスでビルドを続けるには、従量課金制に移行してください。月々の無料使用分を超えた場合にのみ、お支払いいただきます。

3

12 か月が経過した後も、55 以上の常時無料サービスを引き続き利用できますーそして料金は月々の無料利用分を超えて使用した分だけをお支払いいただきます。

Automanage に関してよく寄せられる質問

  • Automanage は、開発/テストおよび運用 VM のライフサイクル全体を、Azure Security Center、更新管理、変更追跡、IT 自動化、VM インベントリ、必要な状態構成、ゲスト構成、自動化アカウント、ログ分析などの製品、サービス、機能に登録、構成、監視を行います。

    さらに、Automanage は、Azure Virtual Machine Best Practices–Production 構成プロファイルを使用する場合に、Azure Backup と VM の分析情報の監視を構成します。

    Automanage プレビュー中は、必要な状態構成とゲスト構成を通じて、Azure Cloud Services と Virtual Machines 用の Microsoft Antimalware—とセキュリティ ベースライン—は Windows Server VMs に含まれます。Linux VM では、Azure 向け Microsoft Antimalware や自動修復は利用できず、セキュリティ ベースラインは監査のみになります。

  • Azure Backup など、特定のサービスの設定をカスタマイズできます。変更できる設定の完全な一覧については、 ドキュメントを参照してください。

  • はい。Automanage は Linux と Windows の両方の VM と互換性があります。

  • Azure Automanage は無料で使用できます。Azure Automanage を通じてオンボードされた Azure サービスは、個別に課金されます。 Azure サービスの価格の詳細情報。

  • 選択した新規および既存の VM をポイントしてクリックするだけのシンプルさで Automanage を有効にし、いつでも無効にすることができます。

  • Linux VM では、ベスト プラクティスを通じて Azure のMicrosoft Antimalware を有効にしていません。Windows VM では有効化されます。

    Automanage はゲスト構成を介して Linux セキュリティ ベースラインを適用しますが、Linux VM のベースラインは監査専用になります。構成されたベースラインから逸脱する Linux VM では、自動修復はまだサポートされていません。

準備が整ったら—Azure の無料アカウントを設定しましょう

Azure を無料で試す

セールス担当者とチャット