Security Center の価格

Azure Security Center を使用してセキュリティ体制を強化し、ハイブリッド クラウド ワークロードを保護しましょう。

Azure 無料アカウントの利用を開始して、30 日間有効な $200 のクレジットと、Security Center への 12 か月の無料アクセスを入手しましょう。

Azure Security Center は、クラウド セキュリティの体制を強化するためのツールとして組み込まれ、また Azure Defender と統合されており、Azure、オンプレミス、その他のクラウドで実行されているワークロードに対して脅威からの保護を提供します。 これにより、セキュリティ体制を継続的に評価し、Microsoft の幅広い脅威インテリジェンスを使用してサイバー攻撃から守り、統合されたコントロールを使用してセキュリティ管理を効率化することができます。

価格の詳細

Azure Security Center では、Free レベル、および Azure Defender との統合を通じ、Azure、オンプレミス、およびハイブリッド リソースが保護されます。

Azure Defender を有効にすると、明示的にオプトアウトしない限り、すべてのリソースが自動的に登録され、保護が開始されます。Azure Defender で保護されるすべてのリソースに関して、以下の価格モデルごとに課金されます。

Azure Defender は、最初の 30 日間は無料です。30 日を超える使用については、下記の料金体系に従って自動的に課金されます。

機能紹介 Azure Security Center Free レベル Azure Defender
継続的な評価およびセキュリティに関する推奨事項 利用可能 利用可能
Azure セキュリティ スコア 利用可能 利用可能
Just In Time VM アクセス ‐ ‐ 利用できません 利用可能
適応型アプリケーション制御およびネットワーク強化 ‐ ‐ 利用できません 利用可能
規制へのコンプライアンス ダッシュボードおよびレポート ‐ ‐ 利用できません 利用可能
Azure VM と Azure 以外のサーバーの脅威保護 (Server EDR を含む) ‐ ‐ 利用できません 利用可能
PaaS サービスの脅威保護 ‐ ‐ 利用できません 利用可能
Microsoft Defender for Endpoint (servers) ‐ ‐ 利用できません 利用可能

Azure Defender が提供する脅威保護機能の価格については、Azure Defender の価格ページをご覧ください。

サポートおよび SLA

  • 請求およびサブスクリプション管理サポート (無償)。
  • プレビュー サービスの技術サポートが必要ですか?フォーラムをご利用ください。
  • SLA について詳しくは、SLA のページをご覧ください。

FAQ

  • 1 トランザクションは、時系列に最大 1000 データ ポイントの要求ペイロード サイズを含む API 呼び出しです。1000 データ ポイント増加するごとに 1 トランザクションが追加されます。たとえば、要求ペイロード サイズが 2050 データ ポイントの API 呼び出しの場合、3 トランザクションになります。要求ペイロードの最大サイズは 8640 データ ポイントです。時系列内の各データ ポイントは、タイム スタンプと数値のペアです。

リソース

Azure サービスの月額料金を概算できます。

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

Security Centerの詳細を表示します

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください

Azure の価格の説明については、営業担当者にお問い合わせください。クラウド ソリューションの価格を把握できます。

無料のクラウド サービスと、30 日間 Azure を検証できる $200 のクレジットを利用できます。