メイン コンテンツにスキップ

Azure Arc の価格

あらゆる場面での Azure によるイノベーション

Azure Arc は、Azure プラットフォームを拡張するブリッジであり、データセンター間、エッジ、マルチクラウド環境で柔軟に実行できるアプリケーションとサービスを構築するのに役立ちます。

価格オプションの詳細

フィルターを適用して、価格オプションをお客様のニーズに合わせてカスタマイズします。

価格は見積もりのみで、実際の価格見積もりとして意図されていません。実際の価格は、Microsoft との契約の種類、購入日、為替レートによって異なる場合があります。価格は米ドルに基づいて計算され、前月の最後の営業日前の 2 営業日に捕捉されたロンドン市場の引け値レートを使用して変換されます。月末までの 2 営業日が主要市場の銀行休日に該当する場合、通常、レート設定日は 2 営業日の直前の日です。このレートは、今後 1 か月間のすべてのトランザクションに適用されます。Azure 料金計算ツールにサインインして、Microsoft の現在のプログラムまたはオファーに基づく価格を確認します。価格の詳細については、Azure 営業担当者にお問い合わせいただくか、価格見積もりを要求してください。Azure の価格についてはよく寄せられる質問を参照してください。

Azure Arc 対応の管理およびガバナンス サービス

サービス 料金 メモ
Azure Automanage コンピューターの構成 (Azure Policy ゲスト構成、Azure Automation 構成管理、変更履歴とインベントリ 管理が含まれます) $6/サーバー/月 Azure Automation 変更の追跡、変更の追跡とインベントリ、状態の構成が含まれます。Update Management は無料です。Defender for Cloud、その他のカテゴリ、または Stack HCI リソースに割り当てられたポリシーは除外されます。 詳細については、価格 - Automation | Microsoft Azure を参照してください
Azure Automanage マシンのベスト プラクティス 無料 Azure Automanage を通じてオンボードされたサービスには、個別の料金が発生します。Azure Automanage を通じて現在利用可能なサービスとその個々の価格の詳細をご確認ください。
Azure Policy (コントロール プレーン) 無料 サーバー、SQL Server、およびコンテナーで使用できます。Azure ポリシーを通じて発生するデータ インジェストには、追加の課金料金が発生する場合があります。
Azure Update Management Center (以前の Azure Automation: Update Management) 無料 Azure Update Management Center | Microsoft Azure
Windows Admin Center 無料 Windows Admin Center | Microsoft

Azure Arc によって有効になる拡張セキュリティ更新プログラム

Microsoft は、Windows Server 2012/R2 および SQL Server 2012 向けに Azure Arc によって有効になる拡張セキュリティ更新プログラムを提供しています。Azure Arc を使用すると、組織は、拡張セキュリティ更新プログラムを購入して、Azure portal から直接オンプレミスまたはマルチクラウド環境にシームレスにデプロイできます。また、Azure Arc によって有効になる拡張セキュリティ更新プログラムでは、従量課金制サブスクリプション モデルによって柔軟性も向上します。

Windows Server 2012/R2 向け

拡張セキュリティ更新プログラム Datacenter の月額料金 Standard の月額料金
Windows Server 2012 16 Core $- $-
Windows Server 2012 8 Core $- $-
Windows Server 2012 2 Core $- $-

SQL Server 2012 向け

拡張セキュリティ更新プログラム Enterprise の月額料金 Standard の月額料金
SQL Server 2012 2 Core $- $-

拡張セキュリティ更新プログラムは、Azure のお客様に無料で提供されます。Azure には、Azure Virtual Machines、Azure Dedicated Host、Azure VMWare Solutions、Nutanix Cloud Clusters on Azure、Azure Stack Hub/Edge/HCI で実行されるワークロードが含まれます。 オプションに関する詳細情報をご確認ください。

サポート終了日(Windows Server 2012/R2 の場合は 1 年目の 2023 年 10 月 10 日、SQL Server 2012 の場合は 2 年目の 2023 年 7 月 11 日)以降にサインアップしたお客様は、拡張セキュリティ更新プログラムの開始年から実際の開始日までの期間に対する払い戻しを 1 回限り受けます。

質問 よく寄せられる質問をご確認ください。

Azure Arc 対応 SQL Server

既存の SQL Server ライセンスをお持ちの場合は、Azure Arc を使用して Azure の管理機能とセキュリティのロックを解除することもできます。 さまざまな SQL Server ライセンス セットの請求オプションを含む、既存の SQL Server ライセンスをお持ちのお客様が利用できる機能*の完全なセットをご覧ください。
SQL Server のライセンスと請求オプションを管理する - Azure Arc 対応 SQL Server | Microsoft Learn

*一部の機能には SA が必要な場合があります

アクティブな SQL Server ライセンスをお持ちでないお客様の場合:

従量課金ベースのモデルを活用したい組織のために、バージョン 2014 以降の Azure Arc によって有効化された SQL Server の従量課金制ライセンスを提供するようになりました。 スパイクやアドホックな使用に対して時間単位で支払い、前払いのライセンス費用を全額負担する必要がなくなります。

従量課金制 月額料金 時間単位料金
Standard Edition $- $-
Enterprise Edition $- $-

従量課金制の Azure Arc 対応 SQL Server の料金計算ツールは、こちら から入手できます。従来の SQL Server のライセンス オプションは、こちらでご覧いただけます。

Azure Arc 対応 SQL Server の機能の内訳とライセンスの詳細については、こちらをご覧ください。

Azure Arc 対応 SQL Server のすべてのお客様の場合:

Microsoft Defender for Cloud*、Microsoft Purview、Azure Log Analytics などの追加サービスは、追加料金で利用できます。これらの追加サービスは、既存の SQL Server ライセンスをお持ちで Azure Arc をアクティブ化するお客様、または SQL Server の従量制ライセンス オプションを利用するお客様が利用できます。

*お客様は、Azure Arcを通じて使用すると、Microsoft Defender の割引価格の恩恵を受けることができます。

質問がありますか? Azure Arc 対応 SQL Server の使用を開始する際によく寄せられる質問は: こちらを確認してください。

Azure Arc 対応サーバー

Azure Arc 対応サーバーに対するアドオンの Azure 管理サービス (Azure Update Manager、Azure Policy ゲスト構成、Azure Monitor、Microsoft Defender for Cloud など) については、有効になっている場合に料金が発生します。

Azure Update Manager

Azure Update Manager は、すべてのマシンの更新プログラムの管理と制御に役立つ統合サービスです。1 つのダッシュボードから、Azure、オンプレミス、その他のクラウド プラットフォームのデプロイ全体で、Windows と Linux の更新プログラムのコンプライアンスを監視できます。詳細については、次のドキュメントをご覧ください。

  • Azure Update Manager は、Azure VM と Arc 対応 Azure Stack HCI VM を管理するために追加料金なしで利用できます。Arc 対応サーバーの場合、日割り計算で課金されます。これは$5/サーバー/月に相当します (接続された使用量が 31 日と想定)。詳細情報

Azure Policy のゲスト構成機能

Azure Policy のゲスト構成機能は、オペレーティング システムのコンプライアンスと構成管理を提供します。ゲスト構成は、スタンドアロンのプラットフォームとしても、Azure Policy によって大規模にオーケストレーションされたものとしても使用できます。コンプライアンスと構成管理の例としては、パスワード ポリシー、暗号化プロトコル、管理者アクセス、証明書の有効期限やネットワーク接続性などの運用基準の検証が挙げられます。

構成割り当ての詳細については、次の Docs ページをご覧ください: https://docs.microsoft.com/azure/governance/policy/concepts/guest-configuration-assignments

課金は、このサービスに登録されているサーバーのうち、1 つ以上のゲスト構成が割り当てられているサーバーの数に応じて行われます。課金は時間単位で計算されます。オフラインのマシン (1 時間の間、接続が切れていたり、電源が切れていたりするマシン) には、課金されません。

ゲスト構成で管理される Azure Arc リソースは、以下のシナリオでは課金の対象外となります。

Azure Automation

  • ゲスト構成の割り当ては、マシンが Azure Automation で提供される状態構成や変更追跡機能で既に管理されている場合は、課金されません。

Microsoft Defender for Cloud

  • Azure セキュリティ ベンチマーク イニシアチブの Azure Policy の割り当てにより、構成の割り当てが作成される。
  • 「規制遵守」カテゴリの組み込みポリシー イニシアチブの Azure Policy 割り当てにより、構成の割り当てが作成される。
  • Microsoft Defender for Cloud で作成されたカスタム ポリシー イニシアチブの Azure Policy の割り当てにより、構成の割り当てが作成されます。

Azure の価格および購入オプション

Microsoft と直接つながる

Azure の価格のチュートリアルをご覧ください。お客様のクラウド ソリューションの価格について理解したり、コストの最適化について確認したり、カスタム提案を要求したりすることができます。

営業担当者に問い合わせる

購入方法を見る

Azure の Web サイト、Microsoft の担当者、または Azure パートナーを通じて、Azure サービスをご購入ください。

お客様のオプションを調べる

その他の資料

Azure Arc

Azure Arc の特徴と機能についての詳細情報

料金計算ツール

Azure 製品の任意の組み合わせを使用する場合の推定の月間コストを見積もります。

SLA

Azure Arc のサービス レベル アグリーメントをご確認ください。

ドキュメント

技術チュートリアル、ビデオ、その他の Azure Arc のリソースをご確認ください。

  • Azure Policy にはさまざまな機能があります。Azure Policy ゲスト構成では、Azure Arc を通じて接続された Azure の外部のサーバーについては、サーバー単位で 1 か月に $6 の請求が発生します。そのサーバーでは、任意の数のポリシーを使用できます。

    ゲスト構成を利用しないその他の種類の Azure Policy は、追加費用なしでご利用になれます。これには、Azure Monitor や Azure Security Center などのサービスや自動タグ付けのためのポリシーを有効にする VM 拡張機能が含まれます。

  • Azure Arc 対応 Kubernetes が一般提供になりました。上記の更新された価格の詳細をご覧ください。
  • Azure Arc 対応データ サービスの価格の詳細は、一般提供になった時点で更新されます。
  • 特定のサービスの価格を確認するには、その Azure.com ページにアクセスして、[料金設定] タブをクリックしてください。

Azure の価格の説明については、営業担当者にお問い合わせください。クラウド ソリューションの価格を把握できます。

無料のクラウド サービスと、30 日間 Azure を検証できる $200 のクレジットを利用できます。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください
どのようなご用件ですか?