ミドルウェアについて

ミドルウェアとは、オペレーティング システムとこのシステムの上層で実行されるアプリケーションとの間に存在するソフトウェアのことです。ミドルウェアは、実際には目に見えない変換レイヤーとして機能し、分散されたアプリケーションの通信とデータを管理できるようにします。2 つのアプリケーションをまとめて、"パイプ" 間でデータとデータベースを簡単に受け渡しできるようにするため、プラミングと呼ばれることもあります。 ミドルウェアを使用することで、Web ブラウザーでのフォームの送信や、Web サーバーにユーザーのプロフィールに基づく動的な Web ページを返すことを許可するなど、さまざまな要求を実行することができます。

一般的なミドルウェアの例としては、データベース ミドルウェア、アプリケーション サーバー ミドルウェア、メッセージ指向ミドルウェア、Web ミドルウェア、トランザクション処理モニターなどがあります。一般的にそれぞれのプログラムは、簡易オブジェクト アクセス プロトコル (SOAP)、Web サービス、REpresentational State Transfer (REST)、JavaScript Object Notation (JSON) などのメッセージング フレームワークを使用してアプリケーション間で通信を行うことができる、メッセージング サービスを備えています。すべてのミドルウェアで通信機能を利用できますが、企業でどのようなミドルウェアが採用されるかは、使用するサービスや通信の必要がある情報の種類によって異なります。こうしたミドルウェアには、セキュリティ認証、トランザクション管理、メッセージ キュー、アプリケーション サーバー、Web サーバー、ディレクトリなどがあります。ミドルウェアは、ただデータのやり取りだけではなく、リアルタイムに発生するアクションを利用した分散処理にも活用できます。

関連製品およびサービス

Service Fabric

プライベートとパブリックのクラウド環境間での接続