仮想マシン (VM) とは

仮想化の概要と VM の利点

仮想マシン: コンピューター内の仮想コンピューター

仮想マシン (一般的に VM と略されます) は、ノート PC、スマートフォン、サーバーなどの物理的なコンピューターと何ら変わりません。CPU、メモリ、お客様のファイルを保存するためのディスクを備え、必要に応じてインターネットに接続することもできます。コンピューターを構成する部品 (ハードウェアと呼ばれます) は物理的で目に見えるものですが、VM は多くの場合、コードとしてのみ存在する、物理的なサーバー内の仮想コンピューターまたはソフトウェアによるコンピューターであると考えられています。

Azure の無料アカウントで仮想マシンとクラウドを探索しましょう

12 か月間無料のサービスを使用して VM を作成、デプロイ、監視する

無料で始める

仮想マシンのしくみ

仮想化とは、ソフトウェアベース、つまり「仮想」バージョンのコンピューターを作成するプロセスで、お客様個人のコンピューターなどの物理的なホスト コンピューターや、クラウド プロバイダーのデータセンターにあるサーバーなどのリモート サーバーから、専用の CPU、メモリ、ストレージを「借用」して使用します。仮想マシンは、実際のコンピューターのように動作するコンピューター ファイル (一般にイメージと呼ばれます) です。これは、ウィンドウ内で別のコンピューティング環境として動作させることができます。多くの場合、別のオペレーティング システムを実行したり、多くの人が一般的に職場のコンピューターで使用しているのと同じように、ユーザーのコンピューター エクスペリエンス全体として機能させたりすることもできます。仮想マシンはシステムの他の部分から分離されています。つまり、VM 内のソフトウェアがホスト コンピューターのプライマリ オペレーティング システムに干渉することはできません。

VM の用途

仮想マシンの使用方法をいくつか次に示します。

  • アプリを構築してクラウドにデプロイする。
  • ベータ リリースなど、新しいオペレーティング システム (OS) を試す。
  • 新しい環境を起動することで、開発者がよりシンプルかつ迅速に開発とテストのシナリオを実行できるようにする。
  • 既存の OS をバックアップする。
  • ウイルスに感染したデータにアクセスしたり、古い OS をインストールして古いアプリケーションを実行したりする。
  • 本来の目的ではない OS 上でソフトウェアやアプリを実行する。

VM を利用するメリット

仮想マシンは個々のオペレーティング システムやアプリケーションを備えた別々のコンピューターのように動作しますが、互いに完全に独立しており、物理的なホスト マシンからも独立しているという利点があります。ハイパーバイザー (仮想マシン マネージャー) と呼ばれるソフトウェアを使用すると、さまざまな仮想マシン上で異なるオペレーティング システムを同時に実行できます。これにより、たとえば Windows OS 上で Linux VM を動作させたり、より最新の Windows OS 上で旧バージョンの Windows を動作させたりすることが可能になります。

また、VM は互いに独立しているため、移植性も非常に高くなります。お客様はハイパーバイザー上の VM を、まったく別のマシン上の別のハイパーバイザーに、ほぼ瞬時に移動させることができます。

仮想マシンには柔軟性と移植性があるため、次のような多くの利点があります。

  • コスト削減 - 1つのインフラストラクチャから複数の仮想環境を実行することで、物理的なインフラストラクチャの占有領域を大幅に減らすことができます。これにより多数のサーバー保守を行う必要性が減り、保守費用や電気代を節約することができ、お客様の利益を大幅に向上させることができます。
  • アジリティとスピード - VM の起動は比較的簡単かつ高速であり、開発者のためにまったく新しい環境をプロビジョニングするよりもはるかにシンプルです。仮想化により、開発およびテストのシナリオをより迅速に実行できるようになります。
  • ダウンタイムの短縮 - VM は非常に移植性が高く、あるハイパーバイザーから別のマシンに簡単に移動することができるため、ホストが予想外にダウンした場合のバックアップに最適なソリューションとなります。
  • スケーラビリティ - VM を使用すると、物理的または仮想のサーバーを追加して複数の VM にワークロードを分散させることで、アプリをより簡単にスケーリングすることができます。その結果、お客様のアプリの可用性とパフォーマンスを向上させることができます。
  • セキュリティ面でのメリット - 仮想マシンは複数のオペレーティング システムで動作するため、VM 上でゲスト オペレーティング システムを使用することで、セキュリティに問題のある可能性があるアプリを実行することができ、お客様のホスト オペレーティング システムを保護することができます。VM を使用すると、より優れたセキュリティ フォレンジックを実現することもできます。また、ホスト コンピューターを危険にさらさないようにウイルスを隔離して、コンピューター ウイルスを安全に調査するためによく使用されています。

仮想マシンの概要

Azure のクラウド コンピューティングについて詳しく確認し、Azure のテクニカル エキスパートから VM の作成とデプロイの方法を学びましょう。

デモを見る

VM の関連製品およびサービス

Azure Virtual Machines

Linux と Windows の仮想マシン (VM) を数秒で作成し、コストを削減

Windows Virtual Machines

Azure で Windows 仮想マシンを使用した、オンデマンドの、高度にスケーラブルで、保護された仮想化インフラストラクチャ

Linux Virtual Machines

エンタープライズレベルのオープンソースおよびコミュニティ主導のソフトウェアを数秒で作成してデプロイし、コストを削減する

Azure Dedicated Host

Windows および Linux 用の仮想マシンを Azure 上でホストし実行するための専用物理サーバー

仮想マシン上の Machine Learning Server

R と Python を使用して分析情報を得るための柔軟な機械学習プラットフォーム

SQL Server on Virtual Machines

SQL Server のワークロードを最小の TCO でクラウドへ移行

Azure Spot Virtual Machines

スケーラブルなコンピューティング能力を備えた Azure を大幅な割引価格で利用し、クラウドのコストを削減

Azure IaaS (サービスとしてのインフラストラクチャ)

Azure では、可用性が高く、スケーラブルで安全なクラウド インフラストラクチャを活用でき、使用したリソースの分だけ支払う

Azure Virtual Machine Scale Sets

ドキュメントを読んで、Virtual Machine Scale Sets を使用してスケーラブルなアプリケーションを構築する

よく寄せられる質問

  • コンピューティング、ストレージ、ネットワーク、サーバー、アプリケーションなど、何かのソフトウェアベースの「仮想」バージョンを作成するプロセスを仮想化と呼びます。仮想化テクノロジには長い歴史があり、現在でもクラウド コンピューティング戦略の構築には欠かせないものとなっています。つまり、仮想化とはプロセスであり、そのプロセスで作られたマシンが、一般的に仮想マシン (または単に VM) と呼ばれています。
  • 同じ物理コンピューター上で複数の仮想マシンを同時に実行できます。すべて 1 つのハイパーバイザーにより管理されます。ハイパーバイザーは、物理ハードウェアと VM の仮想 "ハードウェア" を統合するソフトウェアです。これは、一般的なコンピューターのオペレーティング システムのしくみと非常によく似ています。交通量の多い交差点で多くの生徒が安全に行き来できるように学校の交通指導員がサポートするように、ハイパーバイザーは各 VM が物理サーバーから必要なリソースを整然と、そしてタイムリーに得られるようにします。
  • これは、基本的なクラウド コンピューティング サービスのカテゴリです。IaaS では、お客様がサーバーと仮想マシン (VM)、ストレージ、ネットワーク、オペレーティング システムなどの IT インフラストラクチャを、Microsoft Azure のようなクラウド プロバイダーから従量課金制でレンタルします。

    IaaS の詳細

  • 場合によります。Azure Virtual Machines は Azure のサービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) で、お客様が必要とするほぼすべての VM サーバー ワークロードで永続的な VM をデプロイするために使用されます。これは、オンデマンドでスケーラブルなコンピューティング リソースを使用量ベースの料金で提供するイメージ サービス インスタンスです。

    つまり、Azure Virtual Machines は、汎用またはストレージ、メモリ、コンピューティング、グラフィックス集中型のワークロード向けに最適化された VM を提供するサービスで、お客様のニーズを満たし、お客様の予算内に収まるように、さまざまな種類とサイズで提供されています。

    Azure IaaS の詳細はこちら

  • スポット VM は、Microsoft Azure などのクラウド プロバイダーが提供するサービスの一部で、スケーラブルなコンピューティング容量を大幅な割引価格で提供します。

    スポット VM は、中断が許容される次のようなワークロードに最適です。

    • 特定のハイ パフォーマンス コンピューティングのシナリオ、バッチ処理ジョブ、ビジュアル レンダリング アプリケーション。
    • 継続的インテグレーション/継続的デリバリー ワークロードを含む開発/テスト環境。
    • ビッグ データ、分析、コンテナーベース、大規模なステートレス アプリケーション。

    Azure Spot Virtual Machines の詳細情報

  • Azure Disk Storage は、Azure Virtual Machines で使用するために設計された、ハイパフォーマンスで耐久性の高いブロック ストレージのサービス オファリングです。Azure Disk Storage は、比類のない回復性、シームレスなスケーラビリティ、組み込みのセキュリティを備えており、お客様のミッションおよびビジネスクリティカルなアプリに必要なコスト パフォーマンスを提供します。

    Azure Disk Storage についての詳細情報

  • 一般的に、ハイブリッド クラウド コンピューティングとは、パブリック クラウドと、プライベート クラウドを含むオンプレミス インフラストラクチャを組み合わせ、その間でデータとアプリを共有できるようにしたクラウド環境のことです。これを使用することでお客様のクラウド デプロイのオプションが広がり、より柔軟にリソースをスケーリングしたり、クラウド テクノロジのイノベーションを活用したりすることができると同時に、オンプレミス環境との相互運用性を確保することができます。

    パブリック、プライベート、ハイブリッド クラウドの概要

  • クラウド サービス プロバイダーは、クラウド コンピューティング サービスを「スタック」と呼ぶことがありますが、これは、お互いに重なり合って構築されているからです。サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) はスタックの中で基本的な要素ですが、サービスとしてのプラットフォーム (PaaS)、サービスとしてのソフトウェア (SaaS)、サーバーレス コンピューティングなどの他のサービスも IaaS と一緒に利用されることがよくあります。

    クラウド コンピューティングに関する一般的な用語についての詳細情報

VM のリソース

5 分間のクイックスタート

Linux では、以下を使用して、Ubuntu VM 内で NGINX Web サーバーを構築します。

Windows では、以下を使用して、Windows Server 2016 VM 内で IIS Web サーバーを構築します。

クラウドへの移行

これらの無料のリソースを使用して、コストを管理し、アプリ、データ、インフラストラクチャを移行しましょう。

学習モジュール

Microsoft Learn のステップ バイ ステップ ガイダンスを使用して、Azure 上での VM のプロビジョニング方法をご確認ください。

手軽に VM で作業開始

Microsoft Azure を使用してお客様のワークロードに適した VM を選択してコストを削減する方法をご確認ください。

準備が整ったら、無料アカウントをセットアップしましょう