仮想マシンとは

仮想マシンは、実際のコンピューターのように動作するコンピューター ファイル (一般にイメージと呼ばれます) です。つまり、コンピューター内にコンピューターを作るようなものです。仮想マシンは他のプログラムと同様にウィンドウ内で実行され、エンド ユーザーは、ホスト オペレーティング システム自体と同じ操作性を仮想マシンで体感できます。仮想マシンはシステムの他の部分からサンドボックスで保護されるため、仮想マシン内のソフトウェアが外部に出たり、コンピューター自体を改ざんしたりすることはありません。そのため、ベータ版を含む他のオペレーティング システムのテスト、ウイルスに感染したデータへのアクセス、オペレーティング システムのバックアップ作成、本来はサポート対象外であるオペレーティング システムでのソフトウェアやアプリケーションの実行に非常に適した環境です。

同じ物理コンピューター上で複数の仮想マシンを同時に実行できます。サーバーの場合は、ハイパーバイザーと呼ばれる 1 つのソフトウェアで複数のオペレーティング システムをサイド バイ サイドで実行します。その一方で、デスクトップ コンピューターは通常 1 つのオペレーティング システムを採用して、そのプログラム ウィンドウ内で他のオペレーティング システムを実行します。各仮想マシンは、CPU、メモリ、ハード ドライブ、ネットワーク インターフェイス、他のデバイスなど、自身の仮想ハードウェアを提供します。仮想ハードウェアは物理マシン上の実際のハードウェアにマッピングされます。この仕組みにより、物理ハードウェア システムと、それに伴うメンテナンス コストの必要性が減り、コストを節約できます。また、電源と冷却の必要性も軽減されます。

関連製品およびサービス

Virtual Machines

Windows と Linux の仮想マシンを数秒でプロビジョニング

Virtual Network

プライベート ネットワークをプロビジョニング、オプションでオンプレミスのデータセンターに接続