エンタープライズ開発/テスト

概要

エンタープライズ契約のお客様に、Azure 上で開発やテストのワークロードを実行するために最適な手段が提供されるようになりました。これには次のような数多くの利点があります。

  • チームによる作業に適しており、複数のサブスクリプションを使用できます。
  • ギャラリー内の専用の開発/テスト イメージ (Windows 8.1 と Windows 10 を含む) にアクセスできます。
  • Windows Virtual Machines、Cloud Services、HDInsight、App Service、および Logic Apps について特別な低料金の開発/テスト価格が適用されます。
  • その他の Azure サービスについても、EA と同じ特別料金が適用されます。
  • Azure Enterprise Portal による一元化された管理を実現できます。
  • 別個の支払いが発生せず、現在のエンタープライズ契約の資金を利用できます。

Enterprise Dev/Test サブスクリプション内で実行されている Azure リソースを利用できるのは、アクティブな Visual Studio サブスクライバーのみ (標準サブスクリプション、年次クラウド サブスクリプション、月次クラウド サブスクリプション) ですが、エンド ユーザーもフィードバックの提供や受け入れテストの実行のためにアプリケーションにアクセスできます。このサブスクリプション内でのリソースの使用はアプリケーションの開発およびテストに限定され、稼働率の保証は提供されません。

アクティブな Visual Studio サブスクライバーのうち、標準サブスクリプションおよび年間クラウド サブスクリプションの方は、このサブスクリプションとは別に 1 つの別個の Azure サブスクリプションを月単位のクレジットでセットアップすることができます (月次クラウド サブスクリプションの方は対象外です)。このクレジットは、小規模な開発およびテストのワークロード、Azure サービスの試験的な利用、学習、プロトタイプ作成、概念実証などに適しています。これらの Visual Studio サブスクライバー向けの月単位の Azure クレジットは、エンタープライズ開発/テスト サブスクリプションとは無関係です。

エンタープライズ契約を結んでいないお客様が開発チームのために Azure サブスクリプションを必要とする場合は、 従量課金制開発/テスト プランを試す

詳細

低開発/テスト レート

すべての Windows と Windows Server の Virtual Machines、Cloud Services、App Service、Logic Apps、および HDInsight には、通常のエンタープライズ契約からの割引が適用されます。これらのサービスの開発/テスト料金は、サイズと種類が同じ Linux 仮想マシン用の料金と同じです。例:

  • Windows Server/Medium (A2)/Basic インスタンス仮想マシンには、Linux/Medium (A2)/Basic インスタンス仮想マシンの料金が課金されます。
  • Websites/Large (L)/Standard には、Linux/Large (A3)/Standard インスタンス仮想マシンの料金が課金されます。
  • HDInsight Head Node (Extra Large A4 インスタンス上) には、Linux/Extra Large (A4)/Standard インスタンス仮想マシンの料金が課金されます。
  • Logic Apps Enterprise Connection の料金は、提示価格の 50% になります。
Windows 10 へのアクセス

このプランでは、開発/テスト用に Azure 上で Windows 10 のイメージを実行できます。

Visual Studio ソフトウェアの使用に対する追加料金はありません

SQL Server など、Azure Windows Server 仮想マシン上で開発およびテストのために実行する Visual Studio サブスクリプションに含まれているソフトウェアに対する追加料金はありません。ソフトウェア料金が発生することなく、SQL Server や BizTalk Server などの事前構成済みの仮想マシン イメージを使用することもできます。または、Visual Studio サブスクリプションのソフトウェアで独自の仮想マシンをアップロードすることもできます。VM の割引料金のみが課金されます。

この Enterprise Dev/Test サブスクリプションでは、Visual Studio サブスクリプションに含まれているソフトウェアを開発およびテスト用に使用できます。Azure Virtual Machines でサポートされている Microsoft サーバー ソフトウェア製品の一覧は、こちらを参照してください。

無料でご利用のサービスに伴う税金は、お客様のご負担になります。

このプランに基づいて Azure サブスクリプションをセットアップする方法

エンタープライズ契約のお客様は、エンタープライズ管理者のロールを 1 人以上の担当者に割り当てます。この担当者は Azure Enterprise Portal にアクセスできます。エンタープライズ管理者は、Azure Enterprise Portal を介してアカウント所有者と呼ばれるユーザーを自社の契約に追加します。これらのアカウント所有者は、EA の下で Azure サブスクリプションを作成できます。エンタープライズ管理者は、アカウント所有者の [開発/テスト] 列の下にあるチェック ボックスをオンにすることにより、アカウント所有者がエンタープライズ開発/テスト プランに基づいて Azure サブスクリプションを作成できるようにする必要があります。アカウント所有者は Azure アカウント ポータルを介してサブスクリプションを作成した後、アクティブなVisual Studio サブスクライバーを共同管理者として追加することにより、開発とテストに必要なリソースを、その Visual Studio サブスクライバーが管理および使用できるようにする必要があります。

詳細については、Azure での Enterprise Dev/Test サブスクリプションの作成に関するビデオをご覧ください。

サービス レベル アグリーメント

エンタープライズ開発/テストは、アプリケーションの開発およびテスト専用です。Visual Studio Team Services および HockeyApp の使用を除いて、このサブスクリプションでの使用には、金銭的な補償を伴う SLA は付随しません。

FAQ

Q: このプランは Visual Studio サブスクライバーに対する月単位の Azure クレジットに関連したものですか?
A: このプランは Visual Studio サブスクライバーに対する月単位の Azure クレジットとは無関係です。Visual Studio サブスクライバーは引き続き Azure の月単位のクレジットを利用できます。これは、このエンタープライズ開発/テスト プランとはまったく別のものです。詳細については、「Visual Studio サブスクライバー向けの月単位の Azure クレジット」をご覧ください。

Q: Visual Studio サブスクライバーは、月単位の Azure クレジットとこのエンタープライズ開発/テスト プランを、それぞれどのような場合に使用する必要がありますか?
A: Visual Studio サブスクライバー向けの月単位の Azure クレジット プランは、以下のシナリオに最適です。

  • スキル開発
  • Azure サービスの試験的利用
  • 個別の小規模な開発/テスト ワークロード
  • プロトタイプ作成、概念実証、その他の小規模な作業
エンタープライズ開発/テスト プランは、次のようなシナリオに適しています。
  • チームによるすべての開発/テスト ワークロード
  • 中規模から大規模の個別の開発/テスト ワークロード

Q: エンタープライズ契約を結んでいない組織の場合、Azure 上でのチームによる開発/テスト ワークロードに適したオプションがありますか?
A: はい、あります。組織の Visual Studio サブスクライバーは、従量課金制開発/テスト プランにサインアップできます。

Q: エンタープライズ開発/テスト プランとエンタープライズ プランは何が違うのですか?
A: どちらもエンタープライズ契約のお客様が利用できるプランで、どちらもエンタープライズ契約を通じて料金が請求されます。
主要な違いは次のとおりです。

  1. エンタープライズ開発/テスト プランは、開発/テスト用途に限定され、アクティブな Visual Studio サブスクライバーのみが利用できます。標準のエンタープライズ プランにはこのような制限がなく、運用ワークロードに利用可能であり、任意のユーザーがアクセスできます。
  2. エンタープライズ開発/テスト プランでは、ギャラリーにある特別なエンタープライズ開発/テスト イメージ (Windows 8.1 や Windows 10 など) にアクセスすることができますが、標準のエンタープライズ プランではこれらのイメージを利用できません。開発/テスト Azure プランは、クラウド内で Windows クライアントを実行する唯一の手段です。
  3. エンタープライズ開発/テスト プランでは、Windows Virtual Machine、Cloud Services、HDInsight、および Web Apps を特に低料金で提供します (サイズと種類が同じ Linux VM の料金と比較した場合)。その他のすべての Azure サービスの料金は、標準のエンタープライズ プランと同額です。
  4. エンタープライズ開発/テスト プランは、サービス レベル アグリーメントの対象に含まれません。

Q: エンタープライズ契約の顧客組織に属する Visual Studio サブスクライバーは、このプランに基づいてサブスクリプションをセットアップできますか?
A: エンタープライズ開発/テスト プランに基づいてサブスクリプションを作成できるユーザーは、エンタープライズ管理者によってそのアクセス許可を付与されたアカウント所有者に限定されます。Visual Studio サブスクライバーがこのアクセス許可を持つアカウント所有者であれば、このプランに基づいて Azure サブスクリプションをセットアップできます。