従量課金制開発/テスト

開発テスト用の従量課金制プランは、Visual Studio サブスクライバーのチームのニーズに応えるべく策定されたものです。Windows 10 を初めとする事前構成済みの仮想マシンを利用できるほか、低料金で Virtual Machines、Cloud Services、HDInsight、App Service、Logic Apps を使用できるため、チームはクラウドの開発/テスト環境を短期間で構築して運用することができます。このプランに基づいて複数の Azure サブスクリプションを柔軟に作成できるため、分離された環境を維持し、プロジェクト別やチーム別の課金を続けることができます。

このプランはアクティブな Visual Studio サブスクライバー限定であり、開発とテスト目的の使用に制限されています。Visual Studio サブスクライバーは、個人向けの月単位の Azure クレジット (1 サブスクライバーにつき 1 つ) にサインアップすることもできます。

開発/テスト料金を抑えて予算を有効利用

チーム内のアクティブな Visual Studio サブスクライバーはそれぞれ、サブスクリプションに含まれる Microsoft ソフトウェアを Azure Virtual Machines で使用して、開発/テストを追加料金なしで実施できます。お支払いいただくのは、実行する VM の Linux 料金だけです。これは、SQL Server、SharePoint Server など、通常はさらに高額なソフトウェアが VM に搭載されていても変わりません。ご自身でカスタム仮想マシンのイメージをアップロードするか、Azure ギャラリーにある事前構成されたイメージのいずれかを使用します。

VM の開発/テスト料金が低く抑えられるだけでなく、Cloud Services、HDInsight、App Service、Logic Apps も低料金で使用できます。

Windows 10 へのアクセス

このプランでは、開発/テスト用に Azure 上で Windows 10 のイメージを実行できます。

その他の条件

料金の増額は、少なくともその 30 日前に通知されます。

このプランをご利用いただくためには、アカウント オーナーがアクティブな Visual Studio サブスクリプションを維持する必要があります。また、このプランに基づいて作成した Azure サブスクリプション内のリソースを利用するユーザーは、アクティブな Visual Studio サブスクライバーである必要があります。

お支払い方法

事前に請求書払いが承認されていない限り、ご利用いただけるのはクレジット カードまたはデビット カードのみです。プリペイド カードおよびバーチャル クレジット カードでのお支払いは受け付けておりません。

価格および課金の詳細については、価格のページを参照してください。

キャンセルに関するポリシー

このサブスクリプションはいつでもキャンセルできます。未収料金が発生している場合は支払いが必要です。

プランの利用

このプランは、次のいずれかの国や地域にお住まいのお客様を対象としています。請求はここに記載されている通貨で行われます。

制限、クォータ、および制約事項

Microsoft Azure の一般的な制限、クォータ、制約事項の一覧については、このドキュメントを参照してください。

次の月間使用量クォータが適用されます。上限を超える量が必要な場合は、カスタマー サービスまでお問い合わせください。お客様に必要な使用量を確認したうえで、これらの上限を適切に調整させていただきます。

サービス レベル アグリーメント

本特典は、アプリケーションの開発およびテスト専用です。Visual Studio Team Services および HockeyApp の使用を除いて、このサブスクリプションでの使用には、金銭的な補償を伴う SLA は付随しません。

リソースに対する責任

サービス リソースの使用レベルにおけるすべての増加 (実行するコンピューティング インスタンスの追加や、使用するストレージの量の増加など) は、これらのサービス リソースの可用性の影響を受けます。「制限、クォータ、およひ制約事項」セクションに記載されたクォータは、そのクォータに達するまで十分なリソースが提供されることを確約するものではありません。

このプランにおいて、料金が発生しておらず、90 日以上非アクティブ状態が続いているサブスクリプションについて、Microsoft は、ホストされるサービス、仮想マシン、Web サイトを含む任意のコンピューティング リソースを削除する権限を有しています。その場合もデータは削除されないため、お客様はいつでも再展開することができます。また、コンピューティング リソースが削除される場合は、事前に通知されます。

90 日ごとに次のいずれかを実行すると、コンピューティング リソースは削除されません。

  1. Azure ポータルまたは新しい Microsoft Azure ポータルにログインする
  2. Azure API を介してリソースにアクセスする