Azure の復元性

高い可用性および優れた障害復旧とバックアップを活用した、Azure での確実な構築

アプリケーションの動作の継続

復元性は、Azure Portal または API を使用することによってすばやく実現できます。次のベスト プラクティス ガイダンスによって、お使いのアプリケーションのアップタイムをさまざまな脅威から保護できます。アプリケーションの設計、デプロイ、メンテナンス、データ管理、エラーと障害などについて説明します。

クラウドですばやく高可用性を実現

Azure でのクラウド ベースの高可用性は、オンプレミスのハードウェアへの投資を必要としません。可用性、拡張性、耐障害性に優れたクラウドの特性を理解してください。可用性のチェックリストを確認して、お客様の組織のアップタイムが守られていることを確認してください。

ビジネス ニーズに応じて復旧プランを選択

Azure で実行するアプリケーションには、ビジネス継続性計画に基づいた包括的な障害復旧が必要な可能性があります。Microsoft の障害復旧ソリューションは安全でリーズナブルであり、障害が発生したときでもアプリケーションを利用できます。

簡単なバックアップ

コスト効率のよいバックアップで、不正なコード、データの破損、過失による削除からデータを保護しましょう。長い保有期間中もコンプライアンスに準拠し続け、geo レプリケートされたストレージによって信頼性を確保し、テープの代わりにオートメーションによってプロセスを簡素化してください。

Microsoft の ISO-22301 認定クラウドで、ビジネス継続性の計画に準拠し続ける

コンプライアンスはお客様にとっても、Microsoft にとっても重要です。Azure は ISO-22301 認証を受けた最初のグローバル クラウド プロバイダーであり、クラウドにおけるお客様のデプロイはしっかり保護されています。