Azure の回復性

Build with confidence on Azure with high availability, disaster recovery, and backup

Azure Availability Zones

  • Run highly available applications using Availability Zones with an uptime SLA* of 99.99% for Virtual Machines at General Availability.
  • Regions with Availability Zones feature a minimum of three zones. Each zone contains one or more datacenters for isolation.
  • Availability Zones are physically isolated with independent network, power, and cooling, protecting your applications and data from unusual data center-level failures.
  • For added Disaster Recovery protection within your data residency boundaries, leverage the global scale of Azure regions.

Learn more about Availability Zones

* 99.99% SLA applies to Virtual Machines that are deployed in two or more Availability Zones in the same region.

クラウドですばやく高可用性を実現

Cloud-based High Availability on Azure does not require investments in on-premises hardware. Gain an understanding of the characteristics of a highly available cloud including availability, scalability, and fault tolerance. Review the High Availability checklist to make sure you are protecting your organization’s uptime.

ビジネス ニーズに応じて復旧プランを選択

Azure で実行するアプリケーションには、ビジネス継続性計画に基づいた包括的な障害復旧が必要な可能性があります。Microsoft のディザスター リカバリー ソリューションは安全でリーズナブルであり、障害が発生したときでもアプリケーションを利用できます。

簡単なバックアップ

コスト効率のよいバックアップで、不正なコード、データの破損、過失による削除からデータを保護しましょう。長い保有期間中もコンプライアンスに準拠し続け、geo レプリケートされたストレージによって信頼性を確保し、テープの代わりにオートメーションによってプロセスを簡素化してください。

アプリケーションの動作の継続

回復性は、Azure Portal または API を使用することによってすばやく実現できます。次のベスト プラクティス ガイダンスによって、お使いのアプリケーションのアップタイムをさまざまな脅威から保護できます。アプリケーションの設計、デプロイ、メンテナンス、データ管理、エラーと障害などについて説明します。