Azure の回復性

高い可用性、優れたディザスター リカバリー、バックアップによって、Azure での確実な構築を実現

Azure 可用性ゾーン

  • 可用性ゾーンを使用して、高可用性アプリケーションを実行します。可用性ゾーンには、Virtual Machines の 99.99% のアップタイム SLA が一般提供時に適用されます。
  • 可用性ゾーンが提供されるリージョンでは、最低 3 ゾーンが備わっています。各ゾーンには、1 つ以上のデータセンターがあり、分離されています。
  • 可用性ゾーンのネットワーク、電力および冷却設備は独立し、物理的に分離されているため、お客様のアプリケーションとデータはデータセンター レベルでの異常な障害から保護されます。
  • お客様のデータの保存場所の境界内でディザスター リカバリー保護を強化するために、世界規模の Azure リージョンをご活用ください。

可用性ゾーンについての詳細情報

* 99.99% の SLA は、同一リージョン内の 2 つ以上の可用性ゾーンにデプロイされた Virtual Machines に適用されます。

クラウドですばやく高可用性を実現

Azure でのクラウド ベースの高可用性は、オンプレミスのハードウェアへの投資を必要としません。可用性、拡張性、耐障害性に優れたクラウドの特性を理解してください。可用性のチェックリストを確認して、お客様の組織のアップタイムが守られていることを確認してください。

ビジネス ニーズに応じて復旧プランを選択

Azure で実行するアプリケーションには、ビジネス継続性計画に基づいた包括的なディザスター リカバリーが必要な可能性があります。Microsoft のディザスター リカバリー ソリューションは安全でリーズナブルであり、障害が発生したときでもアプリケーションを利用できます。

簡単なバックアップ

コスト効率のよいバックアップで、不正なコード、データの破損、過失による削除からデータを保護しましょう。長い保有期間中もコンプライアンスに準拠し続け、geo レプリケートされたストレージによって信頼性を確保し、テープの代わりにオートメーションによってプロセスを簡素化してください。

アプリケーションの動作の継続

回復性は、Azure Portal または API を使用することによってすばやく実現できます。次のベスト プラクティス ガイダンスによって、お使いのアプリケーションのアップタイムをさまざまな脅威から保護できます。アプリケーションの設計、デプロイ、メンテナンス、データ管理、エラーと障害などについて説明します。