Azure Blueprints

完全に管理されたクラウド サブスクリプションを迅速かつ繰り返し作成するためのテンプレート

準拠した環境の作成、デプロイ、更新が容易

Azure Resource Manager テンプレート、ロール ベースのアクセス制御、ポリシーなどの重要な環境成果物を単一のブループリント定義にパッケージ化して、Azure の大規模なデプロイを簡略化します。新しいサブスクリプションと環境にブループリントを適用し、バージョン管理を通して制御と管理を微調整することが容易に行えます。

ブループリント作成用のポリシー、ユーザー、リソース テンプレート

環境の管理 (デプロイ、バージョン管理、更新など) のための一元的な場所

コンプライアンス認証を含め、一般的なシナリオの大部分に対応する組み込みサンプル

望ましくない変更を防ぐためのリソース ロック

環境の作成を簡素化する

クラウド ガバナンス テンプレート、アクセス制御、ポリシーを準拠した単一のパッケージとして簡単に作成し、環境を構成する準備をします。1 回のクリックでブループリントを複数のサブスクリプションにデプロイします。中央の場所からブループリントを管理し、ブループリントのバージョンを追跡して更新をプッシュします。

概要を読む

準拠した展開を有効にする

セルフサービス モデルを通して準拠アプリケーションを運用環境に迅速にデプロイし、運用の標準に適合する準拠環境を簡単にデプロイします。空白のテンプレートを使用してカスタム ブループリントを作成したり、組み込みのブループリントを使用したりして、一般的な内部シナリオや、ISO 27001 などの外部規制へのコンプライアンスに対応します。

詳細はこちら

基盤のリソースをロックする

複数のアプリケーションに影響を与えかねない、望ましくない変更と設定ミス (サブスクリプション所有者によるものであっても) を回避します。リソース ロックを使用して、サブスクリプションで共有されている重要なインフラストラクチャへのアクセスを制限します。ブループリントが管理しているリソースを保護し、特定のニーズを満たすように例外を構成します。

リソース ロックを調査する

Azure に移行するためのランディング ゾーンを作成する

外部のクラウド アーキテクトやエンゲージメントなしで、完全に管理されたランディング ゾーンを簡単にデプロイして移行を迅速化します。将来の環境のためにクラウド ベースのブループリントを再利用したり、組み込みブループリントを使用して ISO に準拠した基本アーキテクチャをセットアップしたりします。

Azure への移行に関する詳細

Azure でセキュリティ態勢を強化

  • Microsoft では、サイバーセキュリティの研究と開発に年間 10 億米国ドルを超える投資を行っています。
  • Microsoft には、データ セキュリティとプライバシーを専門とする 3,500 人を超えるセキュリティ エキスパートがいます。
  • Azure は、他のクラウド プロバイダーを上回る認定を受けています。包括的なリストをご確認ください。

Azure Blueprints は無料

Azure Blueprints とその他の Azure ガバナンス サービスは、Azure サービスの管理に無料でご利用いただけます。価格の詳細をご確認ください

作業の開始に役立つリソース

ブループリントのライフサイクルの概要

ブループリントの定義と割り当ての各段階を確認します。これには、成果物の追加、バージョン管理、割り当ての手順が含まれます。

リソースの改ざんを防ぐ

アプリケーション所有者による変更を防ぐために Azure サブスクリプション内のリソースをロックする方法を確認します。

Azure への移行

アプリ、データ、インフラストラクチャを自分のペースで移行するためのリソースを手に入れて、オンプレミス ワークロードを Azure VM に切り替える際に無料の評価、移行、コスト管理ツールを利用します。

Azure の支払いを抑えます。Windows Server と SQL Server 向けでは、アマゾン ウェブ サービス (AWS) は Azure と比べて 5 倍のコストがかかります。

最初のブループリントを構築する

ゼロから、または組み込みサンプルを使用してブループリント定義を作成します。
サブスクリプションにブループリントを割り当てます。
クラウド ガバナンスのベスト プラクティスを適用します。
Microsoft

"Azure Blueprints allows our central IT to ensure the right guardrails are in place, helping our DevOps teams move fast while maintaining control and protecting the business."

Microsoft、リード サービス エンジニア、Pete Apple

ブループリントに関してよく寄せられる質問

  • Resource Manager テンプレートは、ブループリント定義の主要な構成要素 (成果物) です。既存の Resource Manager テンプレートはすべて、新しいブループリントで使用できます。Resource Manager テンプレートはデプロイ中にだけ使用され、デプロイされたリソースとの関係は保持されません。一方、Azure Blueprints ではこれらの関係が保持され、デプロイの追跡と監査の改善や、同じブループリントで管理されたサブスクリプションのアップグレードの機能がサポートされます。詳細情報
  • はい。各ブループリントには API があります。これは、ブループリント定義をコードとして保存し、継続的に Azure にプッシュできることを意味します。コードとしてのブループリントの管理の詳細をご確認ください。
  • ブループリントは個々のサブスクリプションに割り当てられますが、サブスクリプション内のリソース グループをセットアップするためにも使用できます。加えて、繰り返しブループリントをサブスクリプションに割り当てることができるため、同じ共有環境内で複数の環境をセットアップすることができます。

準備が整ったら、Azure の無料アカウントを設定しましょう。