Azure Sphere を使い始める

Azure Sphere 開発キットは、Azure Sphere アプリケーションのプロトタイプ作成と開発を始めるために必要なものをすべて提供します。今すぐ注文して、Visual Studio で充実した開発環境を活用しましょう。

前提条件

  • Azure Sphere 開発キット

Windows 上でのアプリケーション開発には、次のいずれかを使用します。

  • Visual Studio Enterprise、Professional、または Community 2019 バージョン
  • Visual Studio Code
  • コマンド ラインでの CMake の使用

Linux 上でのアプリケーション開発には、次のいずれかを使用します。

  • Visual Studio Code
  • コマンド ラインでの CMake の使用

開発キットを入手したら

Azure Sphere SDK for Visual Studio をダウンロードしてください。

使用開始ドキュメントに従って、Azure Sphere をインストールし、ボードをセットアップしてください。

この機会を最大限に活用する

ビジネス開発の主要機能のサポートについては、Microsoft パートナーの技術コンサルタント チームにご連絡ください。Azure Sphere の製造ツールとドキュメントを使用して、OEM 製品に Azure Sphere を組み込むことができます。

サポート

これから始めるのか、既に Azure Sphere を展開しているのかに関わらず、お客様のニーズを満たすことができる包括的なサポート オプションがあります。

関連資料