ナビゲーションをスキップする

リモート環境でのクラウドに対応した開発

公開: 2020/10/29

ビジネスにおける独自の課題に対応するために、多くの組織がサービスの提供方法を調整する必要があります。この変化に応じてこれらの組織で新しいテクノロジ ソリューションが採用されるため、これらのソリューションを作成する開発者は、要求の増加に対応する一方で、リモートでの作業に順応する必要もあります。リモートでのコーディング、コラボレーション、本番環境へのコードの提供をサポートするクラウドベースのツールを使用して、新しい要件を満たすと同時に開発の生産性を向上させましょう。 

ホワイト ペーパー『リモート環境でのクラウドに対応した開発』をお読みになって、ツールセットをすばやく拡大し、より短い時間でより質の高い成果を生み出す方法をご確認ください。 

ご紹介する内容は次のとおりです。 

  • GitHub Codespaces を利用して、ワークフローをシンプルにし、どこからでも作業を行う。 
  • Visual Studio IntelliCode で AI を使用して、コードに関する推奨事項をカスタマイズする。 
  • 継続的インテグレーションと継続的デリバリー (CI/CD) を含む自動化されたシステムを使用して、コードのビルド、テスト、提供を行う新しい方法を見つける。 
  • Visual Studio Live Share などのリモート コラボレーション ツールの利点を最大限に活用する。

 無料のウェビナーにご参加ください: リモート環境向けのクラウド アプリケーションの構築