IaaS とは

サービスとしてのインフラストラクチャ

サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) とは、プロビジョニングおよび管理がインターネット経由で行われる即時コンピューティング インフラストラクチャです。需要に応じてすばやくスケールアップとスケールダウンが実行され、支払いは使った分だけにかかります。

IaaS を使用すると、独自の物理サーバーやその他のデータセンター インフラストラクチャの購入と管理にかかる費用を避け、その複雑さを解消できます。各リソースは別個のサービス コンポーネントとして提供されます。必要なのは、特定のコンポーネントを、それが必要となる期間に限りレンタルすることだけです。クラウド コンピューティング サービス プロバイダーがインフラストラクチャを管理し、ユーザーは固有のソフトウェア (オペレーティング システム、ミドルウェア、アプリケーション) の購入、インストール、設定、管理を行います。

サービスとしてのインフラストラクチャ — IaaS にはサーバーとストレージ、ネットワーク ファイアウォールとセキュリティ、およびデータセンター (物理的なプラント/建物) が含まれます。PaaS には IaaS の要素に加えて、オペレーティング システム、開発ツール、データベース管理、ビジネス分析も含まれます。SaaS には PaaS の要素と、ホストされるアプリが含まれます。
ホステッド アプリケーション/アプリ 開発ツール、データベース管理、ビジネス分析 オペレーティング システム サーバーとストレージ ネットワーク ファイアウォール/セキュリティ データ センターの物理的なプラント/建物

IaaS の一般的なビジネス シナリオ

一般に IaaS では次のことを実現できます。

テストと開発。 チームはテストおよび開発環境をすばやくセットアップすることも廃止することもできるので、新しいアプリケーションをより早く市場に出すことができます。IaaS によって、開発およびテスト環境のスケールアップやスケールダウンをすばやく低コストで行うことができます。

Web サイト ホスティング。 IaaS を使用して Web サイトを運用すれば、従来の Web ホスティングよりも低コストです。

ストレージ、バックアップ、リカバリ。 通常、熟練のスタッフがデータを管理し、法律上およびコンプライアンス上の要件に従う必要がありますが、IaaS ではストレージの資本コストがかからず、複雑なストレージ管理を行う必要もありません。IaaS は、予想外の需要や、安定して増え続けるストレージ要件に対処するために便利です。また、バックアップおよびリカバリ システムの計画と管理も容易になります。

Web アプリケーション。 IaaS は、Web アプリケーションを支えるすべてのインフラストラクチャ (ストレージ、Web サーバー、アプリケーション サーバー、ネットワーク リソースなど) を提供します。IaaS に Web アプリケーションをすばやくデプロイして、予測できないようなアプリケーションの需要が発生したときにも、インフラストラクチャのスケールアップとスケールダウンを簡単に行うことができます。

ハイ パフォーマンス コンピューティング。 スーパーコンピューター、コンピューター グリッド、またはコンピューター クラスター上のハイ パフォーマンス コンピューティング (HPC) は、大量の変数や計算が関わる複雑な問題を解決するために利用できます。地震やタンパク質折り畳みのシミュレーション、気候および気象の予測、金融モデリング、製品デザイン評価などが例として挙げられます。

ビッグ データ分析。 ビッグ データとは、価値のある可能性のあるパターンや傾向、関連性を含む大量のデータ セットのことを指す一般的な用語です。データ セットのマイニングによってこれらの隠れたパターンの検索や取得を行うには高い処理能力が必要になります。これこそ、IaaS が低コストで提供できる機能です。

IaaS の利点

資本コストはかからず、継続的なコストは削減できます。 オンサイトのデータセンターのセットアップと管理を行うための初期費用がかからないため、IaaS はスタートアップ企業や新しいアイデアを試したい企業にとって低コストの選択肢となります。

ビジネス継続性と障害復旧を強化します。 高可用性、ビジネス継続性、および障害復旧を達成するには多くのコストがかかります。かなり多くのテクノロジやスタッフが必要になるためです。しかし、IaaS では適切なサービス レベル アグリーメント (SLA) を整備することでこのコストを削減し、障害の発生中やサービスの停止中にも、いつも通りアプリケーションおよびデータにアクセスできます。

迅速なイノベーションが可能です。 新製品や新しい取り組みの導入を決めたらすぐに、必要なコンピューティング インフラストラクチャを数分、あるいは数時間で準備できます。このようなインフラストラクチャを社内でセットアップすると、数日、数週、あるいは数か月かかる場合もあります。

変わり続けるビジネス環境により早く対応できます。 IaaS では、休日期間などのアプリケーションの需要急増に対応するために、リソースのスケールアップをすばやく行うことができ、アクティビティが減少したときにはリソースのスケールダウンによって元の状態に戻し、コストを抑えることができます。

コア ビジネスに集中できます。 IaaS によってチームが IT インフラストラクチャではなく組織のコア ビジネスに集中できるようになります。

安定性、信頼性、保守性が向上します。 IaaS を使用すれば、ソフトウェアやハードウェアの保守およびアップグレード、装置の不具合のトラブルシューティングを行う必要はありません。適切な契約を結んでおくことで、インフラストラクチャが信頼性を維持して SLA を満たすことがサービス プロバイダーによって保証されます。

セキュリティが強化されます。 適切なサービス契約を結んでいれば、クラウド サービス プロバイダーによってアプリケーションやデータのセキュリティが確保されます。社内で実現できるよりもさらに優れたセキュリティが可能な場合もあります。

新しいアプリケーションをユーザーにより早く提供できます。 IaaS では、アプリケーションの開発と提供に先だってインフラストラクチャをセットアップする必要がないため、アプリケーションをユーザーにより早く提供できます。