ハイブリッド クラウドとは

ハイブリッド クラウドとは、パブリック クラウドプライベート クラウドとの間でデータとアプリケーションを共有できるようにして、両方のクラウドを組み合わせたコンピューティング環境のことです。ハイブリッド クラウド コンピューティングでは、コンピューティングとプロセスの需要が変動した場合に、オンプレミスのインフラストラクチャがパブリック クラウドにシームレスにスケーリングされるため、どのようなオーバーフローにも対処できます。この場合でも、サード パーティのデータセンターにデータ全体へのアクセス権が付与されることはありません。組織はパブリック クラウドの柔軟性と処理能力を活用して、機密情報に関係のない基本的なコンピューティング タスクに対応すると同時に、重要なアプリケーションとデータは、ファイアウォールの内側の安全な場所に、オンプレミスで保持します。

ハイブリッド クラウドを使用すると、コンピューティング リソースをスケーリングできるだけでなく、短期間の需要の急増に対処する場合や、ローカル リソースをより機密性の高いデータやアプリケーションのために解放しなければならない場合に、多額の設備投資をする必要がなくなります。長期間使用しない可能性があるリソースと機器を追加で購入し、プログラミングして保守するのではなく、一時的に使用するリソースの額を支払うだけで済みます。ハイブリッド クラウド コンピューティングは “テクノロジーの粋を集めた” プラットフォームであり、データ漏洩のリスクを最小限に抑えながら、柔軟性、スケーラビリティ、コスト効率といったクラウド コンピューティングのすべてのメリットを提供します。

関連製品およびサービス

BizTalk Services

エンタープライズとクラウドをシームレスに統合

Service Bus

プライベートとパブリックのクラウド環境間での接続

StorSimple

エンタープライズ向けのハイブリッド クラウド ストレージ ソリューションでコストを削減