サーバーレス コンピューティング

サーバーレス テクノロジの概要

サーバーレス コンピューティングとは

サーバーレス コンピューティングにより、開発者がインフラストラクチャを管理する必要がなくなるため、アプリケーションの構築を迅速化できます。サーバーレス アプリケーションでは、コードの実行に必要なインフラストラクチャのプロビジョニング、スケーリング、管理がクラウド サービス プロバイダーによって自動的に行われます。

サーバーレス コンピューティングの定義を理解する際に、サーバーが引き続きコードを実行していることに注意することが重要です。サーバーレスという名前は、インフラストラクチャのプロビジョニングと管理に関連するタスクが開発者には見えないという事実に由来します。このアプローチにより、開発者はビジネス ロジックにより専念できるようになり、ビジネスの中核に対してより高い価値を提供できるようになります。サーバーレス コンピューティングは、チームが生産性を向上させて、製品の市場投入を迅速化するのに役立つとともに、組織がリソースの最適化を推進し、イノベーションに焦点を当て続けることを可能にします。

サーバーレス コンピューティングの主な利点

インフラストラクチャの管理が不要

フル マネージド サービスを使用することで、開発者は管理タスクから解放され、中核となるビジネス ロジックに専念することができます。サーバーレス プラットフォームでは、コードをデプロイするだけで高可用性のアプリを実行できます。

動的スケーラビリティ

サーバーレス コンピューティングを使用すると、ワークロードの需要に合わせて、インフラストラクチャが数秒以内に動的にスケールアップおよびスケールダウンします。

製品化までの時間を短縮

サーバーレス アプリケーションは、各開発サイクルの運用依存性を減らし、開発チームの俊敏性を向上させて、より短時間でより多くの機能を提供可能にします。

リソースの効率的利用の向上

サーバーレス テクノロジへの移行は、組織が TCO を削減し、リソースを再割り当てして、イノベーションのペースを加速させるのに役立ちます。

サーバーレス アプリケーション パターン

特定の要件およびビジネス ニーズを満たすために、開発者はさまざまなアプリケーション パターン (多くは既に使い慣れたアプローチに合ったもの) を使用してサーバーレス アプリケーションをビルドします。

サーバーレス関数

サーバーレス関数では、イベント ドリブン モデルを使用することによって、より迅速に開発を行えるようになります。このモデルには、イベントに応答するためにコードを自動実行するトリガーと、付加的なサービスをシームレスに統合するためのバインドが備わっています。1 秒以下の課金による実行ごとの支払いモデルは、コードの実行にかかる時間とリソースのみに対して請求されます。

サーバーレス Kubernetes

ワークロードのスパイク時の急激なトラフィックの変化に合わせたスケール アップおよびスケール ダウンを自動で行える、フル マネージドで、Kubernetes により編成されたクラスターに、開発者は独自のコンテナーを組み込むことができます。

サーバーレス ワークフロー

サーバーレス ワークフローでは、ローコード/コード不要アプローチを採用することにより、組み合わされたタスクのオーケストレーションが簡略化されます。開発者は、相互作用のコーディング、グルー コードの管理、新しい API または仕様の学習を行うことなく、さまざまなサービス (クラウドまたはオンプレミスのどちらでも) を統合できます。

サーバーレス アプリケーション環境

サーバーレス アプリケーション環境では、スケーリング、セキュリティ、コンプライアンスの要件を処理するフル マネージド サービスで、バックエンドとフロントエンドの両方がホストされます。

サーバーレス API ゲートウェイ

サーバーレス API ゲートウェイは、サーバーレス バックエンド サービス用に一元化された、フル マネージドのエントリ ポイントです。これにより、開発者は API の公開、管理、セキュリティ保護、分析を世界的な規模で行えます。

エンドツーエンドのサーバーレス プラットフォームが重要である理由

サーバーレス アプローチでは、開発者、チーム、組織をある程度抽象化できます。これにより、インフラストラクチャの管理に投資される時間とリソースを最小限にできます。コンピューティングやデータベース エンジンからメッセージング、分析、AI まで、アプリケーションのあらゆるコンポーネントに、このアプローチはメリットをもたらします。サーバーレス テクノロジの包括的なセットを提供するエンドツーエンドのサーバーレス プラットフォームの使用は、組織がサーバーレスの推進から最大限の利益を確実に得るための最良の方法です。

エンドツーエンドの Azure サーバーレス プラットフォームの詳細情報

サーバーレス アプリケーションの構築を開始する