Red Hat Linux on Azure

安全で信頼性が高く柔軟なハイブリッド クラウド環境を Red Hat solutions on Azure でデプロイします。これは、オープン ソース アーキテクチャ用の完全に包括的なクラウドです。

Azure で Red Hat ソリューションをデプロイする

業界をリードする共同設置型サポート、ユニークなハイブリッド機能、独自の仮想マシン (VM) をプロビジョニングすることも事前にプロビジョニングされた何百ものイメージの中から選択することもできる機能をご利用ください。

手間のかからない、統合されたグローバル サポート

業界で唯一の協調型グローバル ユーザー サポート サービスを利用して、時間、手間、ストレスを軽減します。この Azure と Red Hat によるユニークな共同設置型サポート サービスは、18 の地域にまたがる多言語サポート エンジニア、エスカレーションと解決の協調プロセス、統合されたチケット発行を特徴とします。

複雑なハイブリッド インフラストラクチャをより簡単に管理および保護

コストを簡素化して、組織の俊敏化を支援し、その競争優位性を維持するためのスケーラブルで適合性のある環境を構築します。お客様のイノベーションをハイブリッド機能で加速させます。これには、ハイブリッド インフラストラクチャ全体にわたる相互運用性と移植性、統一された管理、環境全体で一貫したアプリケーション開発とデプロイが含まれます。

事前プロビジョニングされた VM の使用または独自の VM の作成

独自の Red Hat Enterprise Linux VM を Azure 上でプロビジョニングすることも、Azure Marketplace にある何百もの事前にプロビジョニングされたイメージの中から選択することもできます。

Red Hat on Azure を使用して大きな成果を挙げているお客様

Adobe は、Azure を推奨クラウド プラットフォームとして使用し、Red Hat Enterprise Linux 上で動作する製品を含め、自社の膨大な数のオープン ソース アプリ ポートフォリオが高速で信頼性が高く安全であることを保証しています。

事例を見る

Adobe

EY India の大規模な DigiGST 税務コンプライアンス ソリューションでは、Azure 上の Red Hat Enterprise Linux でアプリと Web サービスを実行して、高可用性、処理速度、使用可能性を実現しました。

事例を見る

EY

Hitachi は、Red Hat OpenShift on Azure を使用して、大規模な基幹システムの開発環境のセットアップに要する時間を数日から数分に加速させました。

事例を見る

Hitachi

"…there was a strong partnership between Microsoft and Red Hat. Because support guidelines were organized clearly in documents and the construction of SAP environments was also covered, we felt that we could proceed with the work safely."

Takashi Shirano、Managing Executive Officer、Kyuden Business Solutions

事例を見る

Kyushu

Red Hat on Azure を今すぐ試す

最適なオプションを選択 (現在の Red Hat サブスクリプションを移行することも可能):

  • 購入前にお試しください。無料試用版と、任意の Azure サービスを 30 日間試用できる $200 のクレジットを利用して、Azure 上で Red Hat Linux をお試しいただけます。

    無料で始める

  • 現在の Red Hat サブスクリプションを Azure に移行することも、単純に従量課金制を採用することもできます。

    詳細内容を確認する

  • Red Hat サブスクリプションを Azure に移行するには、Red Hat Cloud Access をご使用ください。

    詳細内容を確認する

独自の Red Hat Enterprise Linux Virtual Machines を Azure 上でプロビジョニングすることも、事前にプロビジョニングされたイメージを Azure Marketplace からダウンロードすることもできます。

準備が整ったら、Azure の無料アカウントを設定しましょう。